おいしく作るポイント

ほうれん草などの青物を入れると、見栄えが華やかになりますよ!また、鶏肉を加えるとおいしいだしが出るのでおすすめです。その場合は、あくを取るのを忘れずに♪

豆腐のすまし汁レシピ5選

1. おかずにあう。豆腐とワカメのすまし汁

豆腐とワカメのすまし汁は、シンプルでクセがない分どんなおかずにも合うすまし汁です。だしにワカメ、エノキ、ネギ、豆腐が入ることで具材それぞれの食感の違いも楽しめますよ。

味も塩と薄口醤油がメインですので、箸休めとしてお口をリセットすることもできます。冷蔵庫に常備してある食材でできるのもうれしいですね!

2. うま味たっぷり!塩きのこと豆腐のすまし汁

豆腐はすまし汁に入れると、だしのうま味が入ってよりおいしくなります。こちらのレシピでは、塩きのこを使い香りもよく、きのこのうま味成分がだしにたっぷりと入っています。

だしは市販のだしの素を使うので簡単に作れますよ!また、塩きのこのうま味と塩気がありますので、だしの素は少なめにしましょう。

3. あっという間にエスニック!ナンプラーですまし汁

味付けにナンプラーを使うと、あっという間にエスニックなすまし汁ができあがります。こちらは豆腐のほかにチンゲン菜としめじが入っている、見た目のバランスもよいレシピです。

ナンプラーはパンチのある香りが独特な調味料です。チャーハンや油もの、ガパオライスなどと一緒に食べると双方のおいしさを引き立ててくれます。

4. 食べごたえバッチリ!ちくわと豆腐のすまし汁

どこでも手に入る豆腐とちくわを使う、シンプルだけど食べごたえのあるすまし汁です。食べざかりのお子さんがいる家庭にもおすすめなひと品。

ちくわは輪切りよりも斜め切りで存在感を出すと、ボリューム満点なすまし汁に見えますよ。彩りとして豆苗や三つ葉を加えてるとさらにおいしそうに見えますね!

5. お椀の中に菊の花!菊豆腐のすまし汁

豆腐の切り方を工夫するだけで、こんなに華やかなすまし汁になります。季節の節目や日本の伝統的な祝日のときに、食卓に並べたいですね♪

一見複雑そうに見えますが、半丁の豆腐を6等分にして縦と横に切れ目を入れるだけ。切っている途中やお椀に移すときに豆腐が崩れないように注意すれば、誰でも簡単に菊豆腐が作れますよ。

編集部のおすすめ