7. しょうがの香り。根菜と油揚げのあんかけうどん

白菜やキャベツだけでなく、にんじんとごぼうの根菜で作る、あんかけうどんもおいしいですよ。肉は入れませんが、油揚げを加えるのでコクがしっかりあり、満足感も申し分なし。レシピでは材料欄にないものの、しょうがすりおろしを加えるので、風味が全体の味ををまとめてくれます。

8. 春を感じさせる。菜の花と桜えびのあんかけうどん

菜の花と駿河湾で獲れるレアな桜えびは、春の訪れを告げる食材として知られています。そんなふたつを具材にする、緑と赤の彩りが鮮やかなあんかけうどんのレシピ。かつおぶしのだしにしょうゆとみりんを加えた、和風のシンプルなつゆでいただくため、さっぱりしていておいしいですよ。

9. あんかけで旨味アップ。野菜のかき揚げうどん

にんじんと玉ねぎのかき揚げを作ってのせる、ちょっとユニークなあんかけうどんのレシピです。だしの素としょうゆのあっさりしたつゆながら、天ぷらの油とコクがあるので、意外と濃厚でしっかりした味わいが魅力。もちろん総菜売り場で購入した、かき揚げで作ってもかまいません。

10. 長芋すりおろしでとろとろ。チーズカレーうどん

みんなが大好きなカレーうどんも、ルーにとろみがあるので、あんかけうどんの一種といえます。市販のルーとカレー粉で作るつゆに、長芋すりおろしと牛乳を加えるため、さらにとろりとしてやさしい味わい。長ねぎとわけぎの野菜に、ベーコンやチーズのコクと旨味がマッチするひと品です。

【肉入り】あんかけうどんのレシピ5選

11. 鶏ひき肉の旨味。なすのそぼろあんかけうどん

Photo by macaroni

鶏ひき肉となす、油揚げで作る、そぼろあんかけうどんのレシピです。だしの素やしょうゆ、みりんで作る定番のつゆに、しょうがすりおろしを加えるのがポイント。しょうがの風味が効いたつゆは、やさしい味わいながらコクと旨味がしっかり。特に汁を吸ったなすがおいしいですよ。

12. 昔懐かしい関西の味。鶏卵うどんのしょうが添え

丼鉢から湯気が立ちのぼるさまは、まるで親子丼と見間違えるようなビジュアルですね。鶏卵うどんとは、大阪や京都で昔から食べられてきたあんかけうどんで、鶏肉と溶き卵を具材に、しょうがすりおろしを添えたもの。レシピでは白だしベースの和風つゆと、稲庭うどんで作ります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ