具材たっぷり♪ うどんすきの定番&アレンジレシピ5選

今回はうどんすきのレシピをご紹介します。大阪郷土料理のうどんすきは、野菜や鶏肉、エビなど、たっぷりの具材といっしょにうどんを煮る料理です。ぜひお家作れるので、定番をベースにアレンジも試してみてくださいね。

うどんすきってどんな食べ物?

豪華でお腹が満たされるうどんすきは、1928(昭和3)年、大阪府堺市堺区の「美々卯」で誕生しました。「美々卯」のうどんすきは、うどんや野菜、鶏肉、車海老などさまざまな具材を特製の出汁で煮るもので、商標登録されています。

郷土料理として誕生したうどんすきですが、時代とともに日本各地に広まっていきました。味付けは「美々卯」のように出汁でつくるもの、味噌味、すき焼き風など。具材は牛肉、肉団子、魚介などさまざまなうどんすきがあり、アレンジしやすいことも魅力です。

うどんすきの「すき」は、すきやきの「すき」と同じ意味ですが、すき焼きにうどんが入っているからうどんすきという名がついたわけではありません。どちらの「すき」も、農作業に使う鋤(すき)のように、底が浅い鍋を使ったもののことです。

「鍋焼きうどん」とどう違うの?

鍋焼きうどんと混同されがちですが、鍋焼きうどんは一人用の鍋で作る煮込みうどん。うどんすきは、小鉢にうどんを取り分けていただきます。作り方にも違いがあり、鍋焼きうどんはうどんと具材、出汁をいっしょに煮込みますが、うどんすきは出汁を煮立てたあとに具材を入れます。

うどんすきの基本レシピ

作り方

具材たっぷりのうどんすきレシピです。白菜やカブなどの野菜をはじめ、鶏もも肉、エビ、ホタテ、きのこ、さらに、生湯葉と生麩と丸餅が入ります!だし汁にしょう油などの調味料で作った出汁が、素材の味を引き立ててくれます。丸餅も焼いておくので、香ばしくておいしいですよ。

ポイント

うどんすきを作るポイントは、具材をたっぷり入れること!具材によって火の通る時間が違いますので、お肉は最初に入れてください。他の具材は火の通った順番に小鉢に取って食べましょう。

【味別】うどんすきのアレンジレシピ5選

1. 【味噌味】うどんすきのレシピ

昆布で取った出汁に、赤みそを加えるアレンジを加えたうどんすきです。このレシピで入れているひら天とは、プレーンのさつま揚げのこと、うすあげは油揚げのことです。こってりうどんすきが食べたい方におすすめのひと品です。

2. 【キムチ味】うどんすきのレシピ

家族やお友達と汗をかきながら食べる辛うまうどんすきはいかがですか。煮干しや干ししいたけの出汁にキムチを加えます。ポイントは、辛味を足したい時コチュジャンではなく豆板醤を使うことです。

3. 【すき焼き風】うどんすきのレシピ

すき焼きの〆にはうどん!ですよね。それならぜひこのすき焼き風うどんすきを試してみて♪ すき焼きの時よりも味のしみたうどんが味わえます。牛肉はお鍋に入れる前に一度牛脂で焼くと美味しいですよ。

4. 【柚子胡椒】ピリリと辛いうどんすきのレシピ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう