ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイム…もっとみる

「だし」が大事!おいしいうどんの作り方

お店で食べるうどんは、麺はもちろんですが、つゆがとてもおいしいですよね。おいしいうどんを作るのに欠かせないのが「だし」なのです。うどんの「だし」は、椀物に使われるものとは少し違って、麺にうまく絡んでおいしさが増すように工夫されています。

使われる「だし」には、鰹節・昆布・煮干し・干しシイタケなどいろいろな種類があります。鰹節はすっきりと香りよく、昆布は自然な風味と甘みなどそれぞれ特徴があります。お好みの風味を見つけて、おいしい「だし」を作ってみましょう。

「だし」の取り方の基本

どの材料であっても、「だし」は一般的に煮出して取ります。時短調理やちょっと変わった「だし」の取り方をすることもありますが、この記事では、鰹節を使う基本的な「だし」の取り方を紹介します。

<鰹だしの作り方>
1. 鍋に水を1,000ml入れ、沸騰したら火を止める
2. 鰹の削り節を30gを入れて、1~2分間おく
3. ざるに布(キッチンペーパー)をしいて、削り節をこし、1分間おく
しばらくおいておけば、約800ml(味噌汁約4杯分)の鰹だしが取れます。
※削り節をこす際は、えぐみが出てしまうので絞らないようにしてください

<おいしいだしのコツ>
鰹節は沸騰している中に入れると、だしが濁ったり香りが飛んだりと、余分な味(渋味やえぐみ)が出てしまいます。鰹の削り節を入れる前には、さじ一杯ほどの水をさして沸騰をおさえておきましょう。削り節を入れたあとは、沈殿するまで待ってからこします。とにかくタイミングが大事です!

ササっと旨味!だしの素を使ったうどんレシピ5選

1. ほかほか体もあったまる♪ 味噌煮込みうどん

お家にある合わせ味噌でパパッと作れるのが、こちらの味噌煮込みうどんのレシピ。だしの素を使うのでだしを取る手間いらず!黒糖とにんにくでコクと旨味を増す、お手軽なひと品です。市販のだしの素でも、本格的な味のうどんを楽しめますよ。

2. あっさりだしで食がすすむ!ちゃんこ鍋うどん

寒い日に食べたくなる、あったかいちゃんこ鍋にうどんを入れるレシピです。あっさりしたちゃんこだしのつゆに好きな具材を入れ、つゆまで飲み干せるひと品です。こちらもだしの素を使うので、簡単に作れちゃいます。疲れた胃袋にもやさしく、体をポカポカとあたためてくれるうどんですよ。

3. 濃厚なのにさっぱり!カルボナーラ風うどん

こどもから大人までみんな大好きなカルボナーラを、パスタではなくうどんでアレンジするレシピです。だしの素を入れることで旨味が出るので、いつもとちょっと違う和風のカルボナーラに。パパっと作れてしまうのにおしゃれなので休日のランチにいかがでしょうか。

4. からめておいしい!カレーうどん

野菜とうどんをだしの素と醤油で焼き、その上からカレーをかけるレシピです。ただのカレーうどんかと思いきや、焼うどんの上にカレーをかけるので、だしの味がしみ込むうどんがいいアクセントになりますよ。カレーの具材は細かくしてキーマカレーのようにすると、汁なしのルーがしっかりとうどんにからみそうですね。

特集

FEATURE CONTENTS