ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

うどんをおいしく食べる付け合わせは?

日本人の国民食のひとつともいえる、うどん。子供から大人まで、うどんが大好きという方も多いのではないでしょうか。おいしさはもちろんのこと、市販の麺を使えば家庭でも手軽に作れ、ささっと食べられるのも魅力。時間がないときにとても重宝しますよね。

うどんを食べる際の付け合わせにこだわったことはありますか?うどんの種類によって、よく合う料理がありますよ。おすすめの付け合わせを、レシピとあわせて食べ方別にご紹介します。

温かい(かけ)うどんの付け合わせ

温かい(かけ)うどんといえば、定番中の定番ですよね。だしの効いた温かいつゆが身に染みて、とてもおいしくいただけます。シンプルな食べ方だからこそ、付け合わせはこってりとしたものや、風味豊かに仕上げるものが一押し。温かいうどんと共に食べたいおかず3品をご紹介します。

1. 鶏手羽元のチューリップ唐揚げ

Photo by macaroni

鶏手羽元の唐揚げを付け合わせにすれば、献立のボリュームがアップしますよ。焼肉のたれで下味を付けるため、あっさりとしたかけうどんによく合います。鶏手羽元をチューリップにすることで、見た目が華やかに仕上がりますよ。

2. 大葉衣の鶏ささみ天ぷら

温かいうどんと天ぷらは、間違いなしの組み合わせです。鶏ささみを天ぷらにすると、サクッとジューシーな食感に。衣に大葉を使うので、爽やかな風味を楽しめますよ。お好みでおろししょうゆをかけ、さっぱりといただきましょう。

3. えびと春菊のかき揚げ

うどんの付け合わせとしてよく知られているもののひとつ、かき揚げ。えびと春菊の旨味は、温かいうどんのつゆと相性バッチリです。サクサクの衣と豊かな風味があとを引くおいしさ。お好みで、レモン果汁や山椒などをかけてくださいね。

きつねうどんの付け合わせ

きつねうどんの元祖のお店は、大阪にある「松葉屋(現・うさみ亭マツバヤ)」というお店です。明治時代、別皿で出した油揚げを、お客さんがうどんにのせたのが始まり。

きつねうどんといえば、うどんの上にのっている甘辛い油揚げが魅力です。つゆが染みた油揚げをひと口食べると、旨味がジュワッと広がります。そのようなきつねうどんの付け合わせには、ごはんや塩味のあるおかずが向いていますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ