餃子の基本&人気レシピ5選。皮はカリッと中はジューシーに♪

この記事では餃子の基本レシいを画像付きで詳しくご紹介します。作り方は簡単なのに、意外と焼きときに失敗が多い餃子。どのタイミングで水を入れるのかなどまとめてみました。またキャベツではなく白菜を使うときのコツも、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2019年6月15日 更新

3. 野菜を加えて混ぜ合わせる

お肉に野菜を合わせた様子

Photo by kii

ひき肉に野菜を加えて、混ぜ合わせます。全体が均一になればOK。

4. 冷蔵庫で1時間寝かせる

できあがった餃子の餡

Photo by kii

ラップをして、冷蔵庫で1時間寝かせます。

※肉と野菜に味がしっかりと馴染み、一体感が出ます。
※冷えることで餡がかたくなり、包みやすくなります。

餃子の包み方

1. 皮に餡をのせる

餃子の皮に餡をのせている様子

Photo by kii

皮に餡をのせます。目安としては、1個10~15g、大さじ1くらいです。

※使う皮の大きさと、キャベツの水分の絞り方によって変わります。
※参考までに……今回使った皮の大きさは約8.2cmで、12gずつ包んで30個できました。

2. ひだを作りながら包む

餃子を包んでいる様子

Photo by kii

ふちに水をつけて、ひだを作りながら包みます。
2 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう