ローディング中

Loading...

餃子の基本の作り方を、調理師が詳しくご紹介します。包み方から焼き方、ジューシーに仕上げるためのコツも伝授!羽根つき餃子にするための方法や、おすすめの具やタレ、餃子に合わせたい献立からリメイクレシピまで、餃子のすべてがこの記事で分かります◎

大人気「餃子」の作り方をプロが伝授!

みんなで餃子を包めば楽しくて笑顔になれて、できた餃子を食べればおいしくてまた笑顔になれる……それが手作り餃子の魅力です。今回は餃子の作り方を、調理師の資格をもつ筆者がご紹介します。

餡の作り方、包み方、焼き方、おいしく作るコツなど、ポイントを詳しく伝授!餃子のリメイクレシピ、おすすめのタレや具についてもご紹介。これを読めば、餃子マスターへ近づくこと間違いなしですよ。

焼き方も詳しく!簡単「餃子」の基本レシピ

基本の餃子

Photo by kii

では、基本の餃子の作り方をご紹介します。オイスターソースと昆布出汁を加えて、お肉の旨味をアップ!お肉の味をしっかりと楽しむことができます。

にんにく、しょうが、ニラが効いたパンチのあるがっつり味で、ごはんもお酒も進みますよ。ごま油のコクと香ばしい風味で、ついついもうひとつ食べたくなる味わいです。

材料(30個、4人分)

餃子の材料

Photo by kii

・餃子の皮       30枚
・豚ひき肉       150g
・キャベツ       4枚(約200g)
・ニラ         1/2束(約50g)
・にんにく       1片(約8g)
・しょうが       1片(約12g)
・しょうゆ       大さじ1/2
・オイスターソース   大さじ1/2
・酒          大さじ1/2
・昆布出汁       大さじ1/2
・ごま油        大さじ1/2
・塩(塩もみ用)    小さじ1/3
焼くときに使う材料

Photo by kii

【焼く用】
・サラダ油       大さじ1
・ごま油        大さじ1
・差し水(熱湯)    100cc
※羽付きの場合は小麦粉 大さじ1

餡の作り方

1. 野菜をみじん切りにする。
みじん切りになった材料

Photo by kii

キャベツ、にら、にんにく、しょうがはみじん切りにします。キャベツは、塩を加えて塩もみして20分ほどおきます。手で水分を絞っておきましょう。

※さらしなどを使って、しっかりと絞る必要はありません。手で絞ることができる範囲でOKです。
2. 調味料を加えて、肉をこねる。
こねられたお肉

Photo by kii

ひき肉に、しょうゆ、オイスターソース、酒、昆布出汁、ごま油を加えます。粘り気がでるまで、100回ほどこねます。
3. 野菜を加えて混ぜ合わせる。
お肉に野菜を合わせた様子

Photo by kii

ひき肉に野菜を加えて、混ぜ合わせます。全体が均一になればOK。
4. 冷蔵庫で1時間寝かせる。
できあがった餃子の餡

Photo by kii

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

まるで料亭、卵豆腐をアレンジして『冷やしあんかけ小鉢』に

つるりとした食感で喉越しよく、夏バテの時にも食べやすい卵豆腐。お酒と一緒に楽しむなら、ちょっとひと手間かけてみませんか?エビをあしらう卵豆腐の冷製あんかけは、簡単アレンジなのに料亭の一品のような出来栄え。ぜひ…

500年超の歴史!? 京都の「あぶり餅」は食べる厄除け菓子

別名「玉の輿神社」とも呼ばれる京都の今宮神社ですが、その参拝帰りには「あぶり餅」はいかがでしょうか?厄除けなどのご利益があるとされ、ここにきたら絶対に食べておきたい伝統の和菓子なんです。その特徴と行くべきお店…

連載記事

スナップエンドウだけで簡単おつまみ♩塩焼きで生まれる新食感!

皮ごと食べられ、シャキっとした食感のスナップえんどう。塩ゆでしてそのまま食べても美味しいですが、せっかくならほかの食べ方も楽しんでみませんか?低温でじっくり塩焼きすると、香ばしさも強く新しい食感に出会えますよ。

ページTOPに戻る