ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

【焼き】白菜餃子のおすすめレシピ5選

1. 白菜は塩もみして絞るのがコツ。定番の焼き餃子

豚ひき肉と白菜、ニラで作る、オーソドックスな焼き餃子のレシピ。白菜みじん切りに塩をふってよくもみ、少し置いてから水気を絞る定番の作り方です。にんにくを入れないので、においが気になる人におすすめ。最後にフライパンの縁から油を流し入れることで、カリッと仕上がります。

2. みそを加えて味わいアップ!羽根付きの白菜餃子

餃子に羽根がついていると、なんとなくうれしくなりませんか。羽根の作り方はいたって簡単です。小麦粉を薄く溶いた水を、焼いている餃子のまわりに加えるだけでOK!鶏ガラスープの素やオイスターソース入りの濃厚な味わいで、ほのかにみその風味が口の中に広がりおいしいですよ。

3. いろんな食感を楽しめる。白菜とキャベツの餃子

餃子のあんに入れる野菜は、白菜派とキャベツ派に分かれますが、両方をミックスする作り方もあります。甘みがあってほどよい歯ごたえのキャベツと、ふっくらジューシーな白菜のいいとこ取りですね。さらにれんこんみじん切りを加えることで、シャキシャキした食感を楽しめますよ。

4. ほどよい酸味と塩気でおいしい。白菜の浅漬け餃子

餃子のあんに使う白菜をゆでたり、塩もみしたり、生のまま加えたりと、人によって調理法はさまざま。そのほかに浅漬けの白菜を利用する作り方も、意外と人気があります。塩漬けしているので、ほどよく水分が抜け旨味もしっかり。ほのかな酸味もあり、いつもとちょっと違う味の餃子です。

5. 白菜の代わりに漬け物でもOK!豚キムチ棒餃子

Photo by macaroni

餃子に白菜の浅漬けを入れるのなら、しっかりとした漬け物でもおいしいはず。そんな白菜漬けのなかでも、食卓にのぼることが多いキムチを使う変わり種レシピです。ひき肉の代わりに豚バラ肉を使用するので、キムチとの相性抜群!皮で包む必要がなく、巻くだけで簡単に作れます。

【スープ】白菜餃子のおすすめレシピ3選

6. しょうがが効いた。白菜餃子とチンゲン菜のスープ

白菜餃子をたくさん作ったときや余った場合、目先を変えて、餃子入りスープを作ってみましょう。水餃子と違って汁に味付けするため、身体が温まって満足感のあるひと品に。中華スープの素で手軽に作れるうえ、彩りのよいチンゲン菜を加えることで、ちゃんと食事にもなるレシピです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ