おうちで簡単ぷりぷり!えびと枝豆の蒸し餃子

「えびと枝豆の蒸し餃子」のレシピと作り方を動画でご紹介。えびと枝豆を皮で包み、フライパンで蒸しました。食感もよく、夏バテ解消も期待できそう。レモン入りの酸味があるたれでさっぱりと合わせ、お箸が止まらなくなるひと品に!夏にぴったりのレシピです

30 分

材料

(16個分)
  • 餃子の皮16枚
  • むきえび(冷凍)120g
  • 冷凍枝豆(むき身)50g
  • たけのこ(水煮)50g
  • 長ねぎ1/4本
  • ☆しょうが(すりおろし)小さじ1杯
  • ☆酒大さじ1杯
  • ☆塩少々
  • ☆こしょう少々
  • ☆しょうゆ大さじ1/2杯
  • ☆ごま油大さじ1/2杯
  • ☆片栗粉大さじ1杯
  • レモンだれ
    • レモン果汁大さじ1/2杯
    • みりん小さじ2杯
    • 砂糖大さじ1/2杯
    • しょうゆ大さじ1杯

下ごしらえ

・むきえびは流水で解凍し、背わたを取ります。塩、片栗粉をもみ込み、流水で洗ってキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
・枝豆は解凍し、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
・たけのこと長ねぎはみじん切りにします。

作り方

1

ボウルに「レモンだれ」の材料を入れて混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけてレンジ600Wで10秒ほど加熱します。

2

えびは1/3量を1cm幅に切ります。残りは粗みじん切りにして、粘りが出るまで包丁で叩きます。

3

ボウルに②、枝豆、たけのこ、長ねぎ、☆を入れてよく混ぜ合わせます。

4

餃子の皮に③をスプーン1杯程度のせ、ふちに水をつけて包みます。

5

クッキングシートを敷いた蒸し器に④を並べ入れ、弱中火で10〜12分ほど蒸します。お皿に盛り付け、①のレモンだれをつけて召し上がれ♪

コツ・ポイント

・蒸さずにそのまま茹でると、水餃子としてもおいしく召し上がることができます。また、レモンだれの砂糖をはちみつに置き換えて作ると、酸味がまろやかになります。お好みでナンプラーを少量加えるのもおすすめです♪
・枝豆はビタミンBが豊富に含まれているため、夏バテ防止や疲労回復にはぴったりの食材です。レモンを使ったたれで暑い夏にも食べやすい味付けですよ。
▼夏バテ解消を期待できるレシピはこちら!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう