13. 豚ばら肉

おでんをおかずとして作るとき、なぜかいつも物足りなく感じる……そんな方にピッタリなのが、ジューシーな豚ばら肉です。 薄切りではなくブロックのものを購入し、角煮のように厚切りにして入れるのがポイント!表面をこんがりと焼いてから下ゆでし、脂を落としたものを使用してくださいね。

14. ウインナー

コンビニおでんで認知度が高まり、いまや定番となりつつあるウインナー。和食と結びつきにくい具材ですが、皮がパリっ、中がジューシーなウインナーは、相性抜群なんですよ。 子どもから大人まで、食べる人を選ばないのも人気の理由です。ウインナーからお肉のダシがでるので、つゆの旨味もアップします。

15. ロールキャベツ

おでんの具に、ロールキャベツを入れるのも人気ですよね。トマトやコンソメスープで煮込むのとは違い、あっさりと和風のロールキャベツを楽しめます。 和食が苦手な子どもでも、ロールキャベツを入れれば喜んでくれること間違いなし!華やかさがあるので、おでんをパーティー料理として取り入れるときにもおすすめの具材です。
▼ロールキャベツの作り方はこちらをチェック!

【海鮮】おでんの具5選

16. たこ

柔らかくぷりぷりして、ダシの染み込んだタコは絶品!そのまま入れるとおでんのつゆが赤くなってしまうので、1分ほど下茹でしてから入れるのがポイントです。串に刺してじっくりと煮込めば、屋台や居酒屋さんのような雰囲気がお家で楽しめます。

17. いか

おでんにタコを入れるのは定番なのに、なぜか知られていないのがイカ。人によってはタコよりイカが好きと言うほど、おいしく仕上げることができます。 一気に熱を通すと固くなってしまうので、弱火でじっくりと煮込むのがポイントですが、弱火で煮込むのはおでん作りの基本なので、特に意識しなくてもおいしく調理できますよ。

18. あさり

ちょっと意外な組み合わせですが、つゆの味が格段においしくなるダシたっぷりのあさり。煮込みすぎると身が固く小さくなってしまうので、練り物と同じタイミングで入れてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS