ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?身近なアレで代用もできる!

ハンバーグ作りをする際にレシピを見ていると、必ずといっていいほどナツメグが出てきます。ハンバーグにナツメグを加えることで本格的な味わいになりますね。ここでは適した量や、ナツメグがないときの代用についてもご紹介。

2018年12月4日 更新

みんな大好きハンバーグ

子供から大人まで、みんなが大好きなハンバーグ。ハンバーグ作りをする際に欠かすことのできない食材にナツメグがあります。ナツメグはスパイスとして扱われていますが、どのくらいの量を使えばよいのでしょうか?また、どうしてハンバーグにはナツメグを使うのでしょうか?

ナツメグの持っている効果や、ナツメグを使用する際の適量についてもご紹介していきましょう。ナツメグが見当たらないときの代用調味料についても詳しくご紹介していきますよ。

ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?

ハンバーグには必ずと言って良いほどナツメグを使いますね。なぜハンバーグにはナツメグを使うのでしょうか?

ナツメグの効果

ナツメグにはさまざまな効果があり、ハンバーグ以外のお料理にも使われているのですよ。ナツメグを加えることによってお野菜の甘みを引き出してくれるといった効果や、香りが高くなり風味が良くなるなどの効果もあります。さらにナツメグはお肉やお魚、乳製品などの臭みを消すためにも活用されていますよ。

ハンバーグにナツメグを入れる意味

ハンバーグにナツメグを加えることによって、まずはひき肉の臭みをしっかりと抑制してくれる働きを持ちます。その他にもハンバーグに使用する玉ねぎの甘みを引き出してくれる効果も期待することができますね。ナツメグを加えることで臭みがなくなり、本格的なハンバーグに近づくのです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう