ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

みんな大好きハンバーグ

子供から大人まで、みんなが大好きなハンバーグ。ハンバーグ作りをする際に欠かすことのできない食材にナツメグがあります。ナツメグはどのくらいの量を使えばよいのでしょうか。また、どうしてハンバーグにはナツメグを使うのでしょうか。

ナツメグの持っている効果や、ナツメグを使用する際の適量についてご紹介します。ナツメグの代用調味料もぜひェックしてくださいね。

ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?

ナツメグの効果

ナツメグにはさまざまな効果があり、ハンバーグ以外の料理にも使われています。ナツメグを加えると野菜の甘味を引き出したり、風味がよくなったりしますよ。また、肉や魚、乳製品などの臭み消しにも活用できます。

ハンバーグにナツメグを入れる意味

ハンバーグにナツメグを加えると、ひき肉の臭みを抑えられます。また、ハンバーグに使用する玉ねぎの甘味を引き出し、素材のおいしさを十分に味わえるのです。ハンバーグにナツメグを加えると、本格的なハンバーグに近づきますよ。

ナツメグの量「少々」「適量」って?

ナツメグをはじめとして一般的な調味料の少々とは、人差し指と親指でつまんだ量のこと。適量に関しては、計り方や分量の定義がありません。好みの味になるように、分量を調整してもOKという意味です。

メイン材料をレシピに書かれている分量より多く使う場合、増やした分量に合わせて調味料を増やしましょう。たとえば200gの肉に対し「塩少々」と表示されているレシピなら、肉を400g使う場合、塩は人差し指と親指で2回つまんだ分量入れてください。

ハンバーグにナツメグを使用する際には、肉200gに対し、1つまみから2つまみ程度がベストです。瓶から直接振り入れるタイプのナツメグならば、1振りから2振りを目安にします。

ナツメグの入れすぎに注意!

ナツメグは、ほのかな甘味とスパイシーな香りが特徴のスパイスです。ハンバーグに加えることで、本格的な味わいを楽しめるのが魅力。加熱することで甘味が増すため、肉の臭みを和らげ旨味を存分に堪能できます。

とはいえ、ナツメグの使いすぎには注意しましょう。ナツメグは風味が強く、使いすぎるとハンバーグの味や香りに影響が出てしまうのです。おいしさをアップさせられるスパイスで、ハンバーグの旨味を損なってしまっては逆効果。ハンバーグにナツメグを使用する際は、少々または適量を守ってくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ