【基本レシピ】主材料2つで作るハンバーグ。パン粉なしでも簡単にプロの味!

メイン材料2つで作るハンバーグの基本レシピを、調理師がご紹介します。パン粉なしでも簡単にプロの味が再現できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。冷蔵&冷凍保存の方法もマスターすれば、おいしく作り置きもできますよ!

2018年4月25日 更新

パン粉なし!ハンバーグの基本レシピ

作り置きに向いているハンバーグ

Photo by kii

保存性を高めるために、卵を使わないレシピにしました。玉ねぎも、時間が経つと水分が出てくることがあるので。今回は使用しません。みじん切りにして炒める手間もありませんね。

材料が少ないので、お肉の味をしっかりと感じられるようにすることがポイント。牛乳とパン粉を使ってしまうと、味の邪魔をしてしまいます。水、麩にすることで、肉感をアップさせました!

材料(4個分)

ハンバーグの材料

Photo by kii

・合い挽き肉……400g
・麩……30g
・水……60cc

<調味料>
・塩……小さじ1/3杯
・こしょう……小さじ1/3杯
・ナツメグ……小さじ1/3杯
・ケチャップ……小さじ2杯
・ソース……小さじ2杯

作り方_ハンバーグの種

1. 麩を細かく砕いて、水を加える。
お麩を砕いている様子

Photo by kii

麩を細かく砕きます。ジップ付きの保存袋や厚手のビニール袋に入れて、すり鉢棒で叩くと簡単です。(ない場合は、手でも簡単に砕くことができます。)

細かく砕けましたら、水を加えてよく混ぜ合わせておきましょう。
2. 粘りが出るまで、お肉をしっかりとこねる。
ボウルに入ったタネの材料

Photo by kii

ボウルに、合い挽き肉、ケチャップ、ソース、塩、こしょう、ナツメグを入れます。粘りが出るまで、しっかりとこねましょう。
3. 成形する。
成形されたタネ

Photo by kii

成形します。厚すぎると生焼けになってしまうことがあるため、厚さ1cmくらいになるようにしましょう。

※ひび割れがありますと、焼いたときにそこから割れてしまいます。肉汁が出ると、おいしさも半減。表面がなめらかになるよう成形してくださいね。

作り方_ハンバーグを焼く

1. 冷たいフライパンに、ハンバーグをのせる。
フライパンにのったハンバーグ

Photo by kii

冷たいフライパンに、ハンバーグをのせます。そうすることで焼きムラを防ぐことができます。弱火で焼いていくと自然に脂が出てくるので、テフロン加工のフライパンであれば油をひく必要はありません。
2. 弱火でじっくりと加熱する。
ハンバーグを焼いている様子

Photo by kii

「弱火」でじっくりと焼いていきます。蓋をする必要はありません。お肉にゆっくりと火を通していくことで、焼き縮みを防げます。
3. ハンバーグの1/3~1/2の色が変わったら、ひっくり返す。
裏が焼けたハンバーグ

Photo by kii

ハンバーグの1/3~1/2の高さくらいまで色が変わったら、ひっくり返します。形が崩れてヒビが入ると、そこから肉汁が逃げてしまいますので、フライ返しを使って慎重にひっくり返しましょう。
4. 火が通ったら完成!
完成したハンバーグ

Photo by kii

しっかりと、中まで火が通ったら完成です!焼きすぎると、肉汁が逃げてパサパサになってしまうので、注意が必要です。

レンジで簡単!ハンバーグソースの作り方

ハンバーグ用のソース

Photo by kii

材料

・ケチャップ……大さじ1杯
・ソース……大さじ1杯
・バター……3g
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう