塩の小さじ1って何グラム? カロリーは? 計量器なしで量る裏テクも

レシピでよく見かける「塩 小さじ1杯」。この小さじ1杯とは、どれくらいの量なのでしょう? 大さじ、ひとつまみ、少々など、お料理用語には分量を表す言葉がほかにもたくさんありますよね。小さじ1杯のほか、大さじや、ひとつまみの塩の量などもご紹介します。

2019年3月22日 更新

塩小さじ1杯、どのくらい?

レシピ本でもよく見かける「大さじ」「小さじ」といった、計量スプーンで計る調味料の分量。みなさんは正しく把握していますか? レシピによっては大さじ、小さじ単位ではなく、グラムを使った表記で書かれている場合もありますよね。

では、小さじ1杯の塩は何グラムなのでしょうか。計量スプーンがなくても目安を知っておけば、いざというときに便利ですよ。

塩の小さじ1杯は約6g

通常の食塩・精製塩の場合、小さじ1杯は約6gです。

実は同じ小さじ1杯の塩でも、種類によって重さが異なります。例えば、粒が細かいサラサラのタイプの塩は、スプーンに隅々まで詰まりますが、粒が大きいと隙間ができますよね。そのため、粗いタイプは細かいタイプより小さじ1杯分の重さが軽くなるんです。

小さじ1杯の粗塩(天然塩)

上でも書いたとおり、粗塩(天然塩)は粒が粗く、通常の食塩よりも小さじ1杯の重さが軽くなります。粗塩(天然塩)の小さじ1杯は約5g。1gしか変わらないと思うかもしれませんが、約2割減ることになるんです。

小さじ1杯の雪塩

雪塩とは、宮古島で生まれたパウダー状の塩。小麦粉のようにサラサラと粒が細かい雪塩の小さじ1杯は、なんと2g!大さじ1杯でも5gしかありません。通常の食塩の3分の1。塩のなかではかなり細かいタイプですが、とっても軽いんですね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう