レンジで時短!塩で揉む!玉ねぎの辛味抜き【方法別】まとめ

生で食べてもおいしい玉ねぎですが、そのままじゃ辛くて食べれなかったりしませんか?玉ねぎの辛味抜きのおすすめの方法をご紹介します。生の玉ねぎの辛味を上手に抜けば、サラダの他、マリネや和え物もおいしく作れます。時短できる辛味抜き方法も必見です!

サラダをおいしくする玉ねぎの辛味抜き

スライスした玉ねぎは、ドレッシングのみでそのまま食べても、サラダに入れてもおいしいですよね。でも、玉ねぎによっては辛くて食べられないこともないでしょうか?

今回は玉ねぎの辛み抜きについて、ご紹介。一手間加えたり、辛くない玉ねぎを選んだり、辛味を避ける方法はいろいろあります。内容を参考にして、ぜひ新鮮な玉ねぎをたっぷりおいしく食べてくださいね。

切り方で辛味を抜く方法

繊維を断ち切る

まずは切り方の工夫辛み抜きする方法。玉ねぎは上下に繊維が通っています。この繊維を断ち切ることで断面が空気に触れて辛みが抜けやすくなります。繊維に沿ってカットした場合には辛味が残りますので、辛さを生かしたい場合には繊維に沿ってカットするとよいですよ。

とにかく薄くスライス

空気に触れる面積が多いほど辛みを和らげることができます。繊維を断つようにカットした後は、とにかく薄くスライスし空気に触れる面を多くしましょう。

ちなみに玉ねぎをカットしていると目が痛くなったり鼻水が出てくることがあるのは、玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分が気化して、目や鼻の粘膜を刺激しているためです。
▼切り方で味が変化!玉ねぎの上手な切り方を知りたい方はコチラ

時短もできる、レンジを使った辛み抜きの方法

時間がない時やサッと一品作りたい時におすすめなのは、電子レンジを使った辛み抜きの方法です。やり方は簡単!スライスした玉ねぎを電子レンジで30秒ほど加熱するだけ。

熱によって玉ねぎの細胞が壊れ、辛みが緩和。粗熱を取って冷蔵庫で10分ほど冷ませば、生でも食べやすくなります。

下処理で辛みを抜く

ざるなどに広げて放置

薄くスライスした玉ねぎをザルなどに広げて放置するだけで辛味が緩和します。空気に触れる面が多ければ多いほど効果的。スライスした玉ねぎは、なるべく重ならないように広げるのがポイント。1時間ほど放置しましょう。シンプルな方法ですが、玉ねぎの栄養が損ないにくい方法です。

塩もみする

スライスした玉ねぎに塩をまぶして軽く揉み、しんなりしたら流水で洗い流します。塩で玉ねぎがしんなりするので、使い方は限られてしまいますが、氷水に20分ほどさらしておくと、みずみずしさが少し戻るので、なんとかシャキッとさせたいときは、氷水を使ってみてくださいね。

砂糖もみする

塩がないときには砂糖で代用ができます。スライスした玉ねぎに砂糖をふって揉み込んだら、ひたひたの水に10分ほどさらして十分に洗い流せばOK。使う際は、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り除きましょう。

熱湯に入れる

特集

SPECIAL CONTENTS