彩りと栄養ならお任せ!「ほうれん草」のレシピたっぷり30選

鮮やかな緑色で食卓を彩る「ほうれん草」。今回は、ほうれん草を使ったさまざまなレシピをご紹介します!サラダやスープなど料理別にまとめているので、ぜひほうれん草のレパートリーを広げて、日々の献立に役立ててみてくださいね。

やみつき必至のほうれん草レシピ

青汁ドリンクの原料としても有名な「ほうれん草」。鉄分、ビタミンC、マンガンなど、高い栄養素を含むことから、緑黄野菜の王様といわれています。調理方法が簡単なおひたしやごま和え、炒め物や相性のいい卵料理など、家庭で活躍する野菜としてもおなじみですよね。

こちらでご紹介する人気のほうれん草レシピを、ぜひ家庭でも参考にしてください。やみつきになりますよ!

レンジでも◎ ほうれん草の茹で方

ほうれん草1把につき、大きめのお鍋にお湯は1L、色止めに塩をひとつまみ使います。根元部分を20秒ほど茹でてから葉の部分を入れて、さらに10〜20秒程度。途中で裏返すので、茹で時間は1分弱。大きさによって茹で時間は調整してください。

茹でたら冷水にさらし、絞ります。等間隔に切って、容器に入れ1〜2日は冷蔵庫で保存可能ですよ。冷凍だと、1か月程度。

電子レンジで上手に茹でる方法

ほうれん草を丁寧に洗ったあとは、ラップに根元を交互にムラなく並べて包みます。600Wで3分ほど加熱。ラップごと水にさらして粗熱とエグみを取り、絞ってください。

ほうれん草のおひたし&ごま和えレシピ5選

1. ほうれん草のおひたし

ほうれん草を茹でて和えるだけの、簡単なおひたし。あと一品ほしいとき、野菜が足りないと感じたときに、ささっと作れる優れたおかずです。

茹でたほうれん草を、冷水にさらしていったん絞ったあと、調理する際にもう一度しっかり絞ってくださいね。ほうれん草調理の基本ですよ。

2. たっぷりきのことほうれん草のおひたし

きのことほうれん草という、人気食材の組み合わせです。きのこをたっぷり入れると食感の違いが堪能できて、ボリューム感のあるひと品になりますよ。

ほうれん草は意外と繊維がしっかりしているので、柔らかめが好みの方は茹で時間を調整してみてくださいね。

3. 子供も食べたい!ほうれん草ごま和え

ほうれん草のごま和え

Photo by macaroni

ほうれん草のごま和えも、お手軽簡単な料理です。ごまが苦手なお子さまには、ちょっぴり甘めに仕上げてはいかがでしょうか。

赤い根元はマンガンといった栄養素が高い部分なので、切り落とさないでぜひ入れてくださいね。赤みが強いほど、甘みがあります。ほうれん草を、残さずすべて味わいましょう。
▼レシピはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS