四川料理に欠かせない「花椒(ホアジャオ)」とは?山椒との違い&使い方まとめ

花椒とは主に中華料理に使われるスパイスです。独特な風味はひと振りかけるだけで一気に料理を香り豊かに仕上げてくれます。そんな花椒、日本の山椒とは違うのでしょうか?また、花椒を山椒で代用できるのか?など、今回はそれぞれの使い方や魅力をご紹介!

2018年12月4日 更新

山椒じゃないの?花椒とは

「花椒」というスパイスを知っていますか?最近ではスーパーのスパイスコーナーにも売られているのを見かけるようになりました。

四川料理には欠かせないスパイスで、代表的なのは麻婆豆腐。痺れるような辛さにヒーヒー言いながら食べるのが好きという人も多いのではないでしょうか。辛いのにどんどん食べたくなる、魔法のようなスパイスですよね。

中国原産の「花椒」

花椒の読み方

花椒は「ホアジャオ」と読みます。日本の山椒と区別する意味で、「四川山椒」(しせんさんしょう)や「中国山椒」などと呼ばれることもあります。花椒というのは中国名で、日本語読みで「かしょう」と呼ばれることもあります。

熟した花椒の赤い果皮が弾けて割れている様子が、まるで花が咲いているようだということから、「花椒」と呼ばれるようになりました。

中国原産スパイス

中国原産のスパイスで、ミカン科サンショウ属の植物です。主原産地は四川省、河北省、河南省など。直径3mmほどの赤い実を乾燥させ、その果皮を使用します。料理のスパイスとしての食用の他、薬用としても使用されます。

ホールのままで売られていることもあれば、粗挽き、粉状に挽かれて売られていることもあります。漢の時代から、「椒」と称して薬として使われていたことが、その時代の医書に書かれていたそうで、歴史あるスパイスなのです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう