ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

そもそも水なすとは?

Photo by 稲吉永恵

大阪府泉州地方特産の水なす。皮がやわらかくてアクが少なく、生でもおいしく食べられるのが特徴です。絞ると水がしたたるほどたっぷりと水分を含んでいて、みずみずしくて甘いですよ。漬物が一般的ですが、サラダでもおいしくいただけます。

通年出回る一般的な品種のなすと違い、水なすの旬は5〜8月と短め。傷みやすい品種で栽培もむずかしいため、流通量は少なめです。もし見かけたら、ぜひ手に取って見てくださいね。

これが醍醐味!生で楽しむ水なすレシピ3選

1. まずは定番。水なすの浅漬け

Photo by 稲吉永恵

調理時間:10分(※漬け込む時間を含めません)

水なすの浅漬けは、おうちでも簡単に作れます。ポリ袋に漬け汁と水なすを入れてから揉み込めばOK。水なすは、手で縦に割くことで、味が染み込みやすくなりますよ。2〜3時間もすれば食べられます。

材料(2人分)

・水なす……2個
a. 塩……大さじ1杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. 米酢……小さじ2杯
a. 水……400cc
a. 昆布……2cm程度

作り方

1. 水なすはヘタを切り、切り目を入れてから縦に割く

2. ポリ袋に水なすと(a)を入れて揉む

3. 冷蔵庫に入れ、2〜3時間おけばできあがり

2. ぜひ試したい。水なすのカルパッチョ

Photo by 稲吉永恵

調理時間:15分

水なすが手に入ったら、ぜひ試したいカルパッチョ。水なすはアクが少ないので、生で食べることができます。生ハムやお好みの野菜を盛り付けて、オリーブオイルをかけたらできあがり。とても簡単なのに、クセになるおいしさですよ。梨や桃など季節の果物を合わせても絶品です。

材料(2人分)

・水なす……2個
・生ハム……4枚
・ベビーリーフ……40g
・ミニトマト……3個
a. 水……400cc
a. 塩……小さじ1杯
・オリーブオイル……大さじ1と1/2杯
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ