甘さ&やわらかさを活かす!「水なす」の魅力引き出すレシピ15選

生でも食べられる「水なす」。今回は、水なすをおいしくいただくためのレシピを15選ご紹介。水なすならではの生で食べられるレシピや、漬物、焼きレシピなど、魅力あるものばかりそろっていますよ。どのレシピから試してみたいですか?

2018年1月31日 更新

そもそも水なすとは?

普通のなすはアクが強く、生食には不向きとされていますが、「水なす」は水分をたっぷりと含んでおり生でも食べられるほど瑞々しい品種です。漬物として食べるのが一般的ですが、サラダにしてもおいしくいただけます◎

これが醍醐味!生で楽しむ水なすレシピ3選

1. 水なすの梅和え

こちらは、梅干しを使った和え物レシピです。種を取った梅干しを刻みごま油と混ぜ、切った水なすを和えるだけ。なすは細かく刻まずに、乱切りがちょうどいい大きさです。ジューシーさが味わえますよ。水にさらす必要がないので、あっという間にひと皿完成です。

2. 水なすと大葉のカプレーゼ

トマトと大葉と一緒に、とってもヘルシーなカプレーゼです。切って並べて、あわせたタレをかけるだけ。モッツァレラチーズを加えてもいいですね。また、ドレッシングは市販のものでOK。彩りが良くさっぱりといただけるので、前菜にもってこいですね。

3. 水なすとカツオのサラダ

糸カツオをたっぷりとかけた旨味たっぷりなサラダです。水なすはある程度の食感を楽しめるよう厚めに切って塩で揉みましょう。あとはドレッシングで和えるだけです。ポン酢や、薬味のきいたドレッシングと合わせれば、水なすの存在感が生きてきますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう