ライター : ☆ゴン

シャンディガフとは

シャンディガフは、飲み口のよさが魅力のカクテルです。では、シャンディガフの材料をご存知でしょうか?また、どこで生まれたドリンクなのでしょうか。

この記事では、シャンディガフについてのあれこれを紹介します。シャンディガフが好きな人なら、きっと飲みたくなるビールベースのカクテルもピックアップ。おうちでいろんなカクテルを作って、みんなで集まって楽しむときの参考にしてくださいね。

ビールベースのカクテル

シャンディガフとは、ビールをベースにしたカクテルで、ビールをジンジャーエールで割ります。ビール独特の苦みを、ジンジャエールがやわらげてくれるため、ビールが苦手な人でも飲みやすいのが魅力。とくに女性に人気があるカクテルです。

シャンディガフの由来と起源

シャンディガフは、イギリスのパブで古くから飲まれてきたカクテルながら、名前の由来は不明です。昔は香りや風味の強いエール(上面発酵)ビールと、ジンジャービアというドリンクで作られていました。いまでも、このスタイルを守り続けているパブがあるそうです。

一方、当時の家庭ではジンジャービアの代わりに、レモネードを使うのが一般的で、これはいまでも続いているとのこと。このスタイルは、ドイツで「ラドラー」と呼ばれるビアカクテルと同じです。レモンソーダを混ぜる、フランスの「パナシェ」とも似ています。

このように、各国に同じようなビアカクテルがあるものの、関連性は不明です。いずれにしても、シャンディガフはイギリスのパブで生まれた、しょうが風味のカクテルということに間違いありません。

カロリー

シャンディガフは口当たりが良いので、とくに女性に人気があるカクテルです。何杯でも飲みたくなりますが、カロリーがいったいどれくらいあるのか気になるところ。

シャンディガフの一般的なカロリーは、グラス1杯当たり75kcalです。一般的なレモンサワーがグラス1杯で約170kcalなので、比較的低カロリーなカクテルといえますね。(※1)

ジンジャービアとの違い

昔はシャンディガフの材料だった、ジンジャービアとはどんなドリンクなのでしょうか。ビアはビールのことなので、しょうが入りのビール?いえ、違います。ジンジャービアは、ビールでもアルコール飲料でもありません。

ジンジャービアの本来の原材料は、しょうがと砂糖、水、そして酵母です。材料を見るとアルコール飲料のように思えますが、アルコール度数は1%未満。そのため日本の酒税法では、お酒とみなされません。いまは人工的な香料や着色料、炭酸などで作るそうですが。

強いしょうが風味が特徴で、いまでもモスコミュールやダーク&ストーミーなど、カクテルの材料に使われます。現在のシャンディガフに使用されるジンジャーエールは、じつはこのジンジャービアから生まれた、とする説が一般的です。

シャンディガフの作り方

※画像はイメージです
シャンディガフは、とてもおしゃれで飲みやすいビアカクテルです。材料はたったふたつだけなので、おうちでも簡単に作ることができます。シェイカーやそのほかの道具は不要。

ビールは一般的な国産メーカーの、淡色系ラガービールでかまいません。お好みのエールビールや、外国産ビールがあるならそれでもOKです。黒ビールを使うと、また違った風味と味わいを楽しめます。

いつも普通のビールばかりで飽きてしまったという人は、ぜひシャンディガフを作ってみてください。材料や割合を変えるのも自由なので、自分好みのおいしいシャンディガフを味わえますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ