ビアカクテルの代表「シャンディガフ」の作り方やカロリーまとめ

苦みの強いビールが苦手でも、シャンディガフは好きな人も多いですね。今回は、シャンディガフとはどのようなカクテルなのか、くわしい情報をお届けします。シャンディガフの作り方を参考に、お家でカクテルパーティを楽しみましょう。

2017年11月16日 更新

シャンディガフとは

シャンディガフは、飲み口の良さが魅力のカクテルの名前です。では、シャンディガフの材料は何でしょうか。また、いつ頃から飲まれているのでしょう。

今回は、シャンディガフについてくわしくご紹介します。シャンディガフが好きな人なら喜んでいただけるであろうビールベースのカクテルもまとめてみました。いろいろなカクテルをお家で作って、みんなでワイワイ楽しみましょう。

ビールベースのカクテル

みなさんは、シャンディガフを知っていますか?シャンディガフとは、ビールをベースにしたカクテルで、ビールをジンジャーエールで割ったものです。

ビール特有の苦みをジンジャエールが和らげてくれるため、ビールが苦手な人でも飲みやすい女性に人気のカクテルですよ。

シャンディガフの由来

シャンディガフは、イギリスのパブで古くから親しまれています。

名前の由来は不明ですが、昔は黒ビールにジンジャーエールを合わせて飲まれていたようです。当時のシャンディガフは、エールビールとジンジャービアで作られていました。今でもイギリスのパブでは、シャンディと呼ばれ定番のドリンクです。フランスで「パナシェ」と呼ばれるビールを使ったカクテルも、イギリスではシャンディと呼ばれます。

カロリー

シャンディガフは口当たりが良く、女性に人気のカクテルですね。何杯でも飲みたくなりますが、カロリーはいったいどれくらいあるのでしょうか。

シャンディガフの一般的なカロリーは、グラス1杯で75キロカロリーです。一般的なレモンサワーがグラス1杯170キロカロリーですから、比較的低カロリーなカクテルと言えますね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう