爽快カクテル「ジンバック」とは?おいしい作り方&ジントニックとの違い

爽やかな飲み口で人気のカクテル、ジンバック。でも、ジンバックの作り方や名前の由来って意外と知らない人も多いかもしれません。今回は、ジンバックの作り方や由来について詳しく調べてみました。バーで注文するとき、ちょっと夢が広がります。

ジンバックとは

ジンバックとは、どんなお酒なのでしょうか。バーなどお酒を楽しめる所で注文する機会が多く、爽やかな飲み口でスッキリとした印象のカクテルです。ジンバックという名前は有名なため、何でできているかを知らずに飲んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジンをベースにしたカクテルは多くあり、ジントニックなどもよく耳にしますね。今回は、ジンバックの作り方をメインに、ジンバックとジントニックはどのような違いがあるのか、ジンバックの名前の由来から作り方など、ジンバックについて詳しくまとめてみました。

ジンベースのカクテル

ジンバックとは、カクテルの一種です。ジンにジンジャーエールとレモンジュースを加えて作ります

ジンは、蒸留酒といわれるスピリッツのアルコール度数が高いお酒です。大麦やライ麦、じゃがいも等が原料です。酒屋さんでも見かける身近なお酒ですね。

ちなみに、ジンバックのベースをブランデーやラムなどの蒸留酒に変えると、ブランデーバックやラムバックを作ることができますよ。

ジントニックとの違い

バーや居酒屋で飲むジントニックも有名なカクテルですね。ジントニックは、その名の通り、ジンとトニックを混ぜたカクテルのことです。

トニックとはトニックウォーターのことを指します。これは、炭酸水と柑橘エキス、糖類などを配合した清涼飲料水です。トニックウォーターで、ジンを割ることでジントニックが完成します。ジンバックとは、ジンの割りものが違うのです。

ジンとバックの意味

ジンジャーエールの爽快感がたまらなく、ジンバックが大好きな人も多いはず。何が使われているかはわかりましたが、名前の由来は何でしょう。そもそも、バーなどでメニューを見ると、カクテルには「ジン」と言う名前が多く使われています。どのようなお酒なのかもあわせて調べてみました。

ジン(gin)

ジンとはライ麦などを原料にしたお酒です。ジュニパーベリーと呼ばれる、植物の球果の上に流して香りを付けられています。日本ではスピリッツに分類され、蒸留酒の中ではクセが少ないので、そのまま飲んだりカクテルの材料として親しまれたりしています

ジンを使ったカクテルはとても多くあるので、身近なカクテルであり好きな人も多いようです。

バック(back)

ジンバックは別名ロンドンバックとも呼ばれ、バックは「雄鹿」と言う意味です。飲み口がキックのある飲み物なので、命名されたそうです。

ちなみに、バーボンウィスキーをベースにすると、バーボンバックと呼びます。

自宅でできるジンバックの作り方

自宅でカクテルを作るのは難しいと思いがちですが、材料さえあれば作ることができます。多くの材料を用意しなくても、ジンバックは楽しめます。

バーで飲む雰囲気も素敵ですが、自宅では自分好みにアルコールなどの調節できます。ロングタイプのグラスを用意して、さっそく作ってみましょう。作り方をマスターしたら、友人や大切な人を自宅に招いて、カクテルパーティを楽しむのもいいですね。

材料

たった3つの材料を用意するだけで、自宅でバー気分が味わえます。

・ジン…45ml
・レモンジュース…20ml
・ジンジャーエール…適量

作り方

氷を入れたタンブラーにジン、レモンジュース、ジンジャーエールを注ぎます。軽くかき混ぜ、ライムまたはレモンを飾って完成です。このとき、お好みでアルコールやレモンの量を調節して、オリジナルのジンバックを作るとより楽しめますよ。

とっても簡単に作れるので、自宅でも楽しめますね。材料は冷やしておくとよりおいしく、夏に最適なカクテルですよ。

ジンを使ったおすすめカクテル

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう