女性に大人気!「カルーアミルク」の作り方&度数が気になる

ふだんお酒を飲まない人でも、「カルーアミルク」という名前を耳にしたことがあるのでは?カルーアミルクは甘くて飲みやすい女性に人気のカクテル。今回は、カルーアミルクの作り方、味の特徴、度数、カロリーなどを詳しくまとめました。

カルーアミルクに詳しくなりたい!

カルーアミルクの口当たりは、よくコーヒー牛乳やアイスコーヒーにたとえられ、「大人のカフェオレ」とも、「アルコール版のウィンナコーヒー」と言われることもあります。何となくイメージできるように、甘く、おいしい、女性に人気の優しい味です。

いつもはソフトドリンク専門の人も、いざという時のために注文リストに入れておくのもいいですね。定番なので大抵のお店に置いてありますし、お酒ビギナー女子におすすめのカクテルです。
 
あまりにも有名なので、単独の商品のようにも感じられますが、その元はコーヒーリキュールの「カルーア」。つまり、カルーアのミルク割りのことです。ここでは、カルーアミルクのおいしい作り方、度数、カロリーのほか、カルーアをミルク以外で割って作るカクテルやスイーツレシピなどもあわせてご紹介します。
 
ちなみにオーストラリアと日本では、カルーアを使ったカクテルのうち、90%以上が「カルーアミルク」を注文するとか。やっぱりカルーアといえば、カルーアミルクなんですね。

そもそもカルーアって何?

時は1930年、メキシコのベラクルーズ…ある兄弟がアラビカ種のコーヒーを栽培していました。「兄さん、うちの自慢のコーヒー豆で最高のリキュールを作ろう!」と思ったのでしょうか。彼らアルバレス兄弟は、地元の起業家ブランコ氏と組んで、コーヒーのリキュールを作りました。

その後、1936年、モンタルヴォ・ララという化学者が”ちょっとだけ”改良したのが現在のカルーアの原型。約15年後には世界中で人気になり、各国で発売されるようになりました。

そして1960年代、カルーアの経営陣全員が女性となり「カルーアレディース」として知られるように。1962年には、カルーアはアメリカで大人気となり、世界へと広がっていきました。

何やらサクセスストーリーの典型のようですが、カルーアのボトルは販売当時のまま。赤字で”KAHLUA”と書かれた黄色のラベルは、その発祥地ベラクルス州の活気あふれる町の雰囲気や土地柄を表しているそうです。

今となっては、ララさんもお酒好きだったのか、甘党だったのか知るよしもありません。カルーアの女性目線の販売戦略やその後の展開など、興味は尽きませんが、カルーアのバックボーンも面白いですね。
 
さて、カルーアミルクになくてはならないカルーアですが、その正体は、コーヒー・リキュールのひとつ。メキシコ産で、ローストしたコーヒー豆とサトウキビの蒸留酒をベースに作ります。コーヒーの風味とコクのある甘みが特徴です。

コーヒーが原料ですが、気になるカフェインは微量。コーヒー、サトウキビともに、ベラクルス州原産のものを使います。コーヒーの抽出液と、蒸留酒(スピリッツ)を混ぜ合わせ、バニラ、カラメルを加えて8週間寝かせます。そして、ろ過しておなじみの黄色いラベルのビンに詰めたものがカルーアとなります。

カルーア・ミルクとは

コーヒーリキュールであるカルーア・ミルクとは、カルーアを牛乳で割ったカクテルのこと。1970年代頃からアメリカのボストンで、特に女性に受けて大ブレイクしたとか。以来、世界中で40年以上のロングヒットになっています。やはり、女心をつかむことが、いかに大事かということでしょうね。
 
このように、女性や甘党の人を中心に人気のカルーアミルクですが、スイーツ感覚で飲みやすいので、ついついグラスがすすんでしまいそう。
▼甘い口当たりで人気のカクテル!飲みすぎに注意して!

カルーアミルクの度数は意外と高い!

ただし、アルコール度数はビールと同じくらいで、けっして低いわけではありません。ですからお酒の弱い人はご用心。もちろん割る牛乳の量を増やせば、アルコール度数は低くなります。

甘くなくなるので”ミルク多め”、”グラス2杯まで”など注文の時や自分で作る際に、好みのマイ分量をあらかじめ見つけておくといいかもしれません。

参考にしたい分量は下記の通り。
・カルーア30ml:牛乳120ml=4度
・カルーア30ml:牛乳90ml =5度(ビールと同じ位)
・カルーア40ml:牛乳120ml=5度(同上)
・カルーア40ml:牛乳80ml = 6度~ 


最初にボストンではやったのは、生クリームを使うタイプだったそうです。生クリームだと、どうしても牛乳よりも割る分量が少ないため、アルコール度数も高くなります。 (例、カルーア45ml:生クリーム15ml=15度)

また、悪酔いするパターンとしては、カルーア・ミルクが甘いために、食事やおつまみなしでぐいぐい飲んでしまうからとのこと。口当たりの良さは注意したいですね。

カロリー

さて、甘いということで気になるカロリーですが、割る牛乳の量にもよるものの、標準の作り方でグラス1杯180kcal前後といったところ。どら焼き1個くらいですね。

コーヒーリキュールの原料・ベース

ベース

カルーアをはじめとするコーヒー・リキュールの主原料は、コーヒーとベースとなるお酒です。実は、カルーア以外にもコーヒーリキュールには多くの銘柄がありますが、何といってもカルーアがダントツのトップブランドです。製品ごとに、それぞれアイリッシュ・ウィスキー、中性スピリッツ、ブランデー、ラムなど様々なお酒がベースになっています。

主な銘柄

中世スピリッツがベースのカルーアの他にも、アイリッシュ・ウィスキーをベースにするアイリッシュ・ベルベット、ブランデーがベースのアマヤなどがあります。

アルコール度数は20度~30度が多め。カルーアのお酒自体も、ほとんどの製品で20度位ですが、中には30度のものもあり、かなり高めになっています。飲みすぎには注意したいですね。

カルーアミルクの作り方

特集

SPECIAL CONTENTS