ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

トニックウォーターと炭酸水の違い

トニックウォーターとは、イギリス発祥の清涼飲料水。しゅわしゅわとした印象ですが、炭酸水との違いを知っていますか?この記事では、トニックウォーターが炭酸水やサイダーとどのように違うのか、またその飲み方について詳しくご紹介します。

炭酸水とは違うもの?

トニックウォーターと炭酸水には、どのような違いがあるのでしょうか?トニックウォーターとは、炭酸水やサイダーに柑橘類の皮から抽出されたエキスや糖分を加えたもの。ちなみに、炭酸水とは本来、加糖されていないものを言います。

つまり、炭酸水に砂糖を加えたものがサイダー。そして、トニックウォーターとはサイダーにさらにアレンジを加えたものを指します。

カロリー

トニックウォーターのカロリーは商品によって多少の違いがありますが、平均的なカロリーは200mlあたり70kcal。加糖の具合によっては、200mlあたりのカロリーが100kcalを超えるものもあります。(※1)

飲み方

トニックウォーターはそのまま飲むこともでき、ワインやリキュールなど、好きなお酒を割ってもおいしく飲めます。トニックウォーターの使い方に厳密な決まりはありませんので、お好みの飲み方で楽しんでくださいね。

自宅でできるトニックウォーターの作り方

トニックウォーターは購入するのではなく、自分で作ることも可能です。

材料

・水:1L ・レモン:1個 ・ライム:1個 ・オレンジ:1個 ・クエン酸:大さじ4 ・オールスパイス:小さじ1 ・粗塩:小さじ1/4 ・アガベシロップ:180ml
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ