自宅でできるジンバックの作り方

自宅でカクテルを作るのはむずかしいと思いがちですが、材料さえあれば作ることができます。多くの材料を用意しなくても、ジンバックは楽しめます。

バーで飲む雰囲気も素敵ですが、自宅では自分好みにアルコールの調節できます。ロングタイプのグラスを用意して、さっそく作ってみましょう。作り方をマスターしたら、友人や大切な人を自宅に招いて、カクテルパーティを楽しむのもいいですね。

材料

たった3つの材料を用意するだけで、自宅でバー気分が味わえます。 ・ジン…45ml ・レモンジュース…20ml ・ジンジャーエール…適量

作り方

氷を入れたタンブラーにジン、レモンジュース、ジンジャーエールを注ぎます。軽くかき混ぜ、ライムまたはレモンを飾って完成です。このとき、お好みでアルコールやレモンの量を調節して、オリジナルのジンバックを作るとより楽しめます

とっても簡単に作れるので、自宅で楽しめますね。材料は冷やしておくとよりおいしく、夏に最適なカクテルになりますよ。

ジンを使ったおすすめカクテル

ジンを使ったカクテルはとても多くの種類があります。ここでは、特に有名なジンベースのカクテルをご紹介しましょう。歴史のあるカクテルが数多く、聞いたことがある種類も少なくないのではないしょうか。 バーや居酒屋で注文をするときに、どのようなお酒なのかを知っていると自信をもって注文ができ、よりおいしく楽しめそうですね。

シンプルにさっぱりと!ジンフィズ

1888年アメリカの人気サロンオーナーが、レモンスカッシュにジンを入れたのが始まりと言われています。ジンフィズは、ジンをベースにしたソーダ割りです。フィズとは、ジンなどのスピリッツにレモンジュースや砂糖を加えてシェークし、タンブラーに注いでソーダを加えたものです。

中甘口のソーダを感じる爽やかな飲み口です。アルコール度数が高くないので、多くのバーで親しまれています。

飲みやすくフルーティ♪オレンジブロッサム

ジン・オレンジと呼ばれるように、オレンジジュースのフルーティな味わいとジンの爽やかさがマッチした味わい。オレンジジュースは甘酸っぱくて飲みやすいので、女性に好まれるカクテルです。ジンとオレンジジュースを注ぐだけで完成するため、自宅でも作れそうですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS