ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

スピリッツとはどんなお酒のこと?

お酒は醸造酒と蒸留酒、混成酒の3種類に分けられ、そのうちの蒸留酒全般をスピリッツと呼びます。穀物や果物などをアルコール発酵させた醸造酒を蒸留器で加熱し、水より沸点の低い気化アルコールを集めて、冷却して液化させたものがスピリッツです

日本酒やワインなどの醸造酒よりも、アルコール度数が高いのが一番の特徴。何度も連続して蒸留することで、さらにアルコール度数が高く、不純物の少ない蒸留酒ができます。

カクテルに欠かせない世界の4大スピリッツ

多彩な原料で造られる高純度のお酒!ウォッカ

大麦やライ麦、ジャガイモに果物など、多様な原材料で造られる蒸留酒。伝統的に白樺の活性炭での濾過が標準ながら、いまではいろんな方法で濾過されています。旧ソ連圏やポーランド、北欧で製造が盛んで、基本的には無色透明で無味無臭の強いお酒です。

ほのかなジュニパーベリーの香りが特徴!ジン

さまざまな原材料で造られるスピリッツで、蒸留法もウォッカとさほど変わりませんが、必ずジュニパーベリー(セイヨウネズの種子)の香りをまとわせるのが一番の違いです。イギリスやオランダ、ドイツなどで製造されていて、日本ではカクテルのベース酒としてよく知られています。

竜舌蘭が主原料!テキーラ

アガベ(別名リュウゼツラン)を主原料にした蒸留酒。メキシコ産アガベを使用し、テキーラ村周辺での製造など、かなり厳格な規定があります。造りたては無色透明でドライな口当たりながら、木樽で熟成させたものは徐々に琥珀色に変化し、ウイスキーに近い風味になるのが特徴です。

砂糖を製造したあとのサトウキビが原料!ラム

砂糖を精製したあとの、サトウキビの残材を原料とするのが主流で、搾り汁から造るラムは少数派。諸説あるものの、カリブ海の島が原産であることは間違いないようです。木樽で熟成させるため色がつきますが、活性炭で濾過した透明のものがカクテルのベース酒として人気があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS