ローディング中

Loading...

ロシアで定番のお酒と言えば、ウォッカ。ビールやワインなどの醸造酒は、ロシアではお酒と思っていない人がほとんどだとか。今回は、ウォッカの基本的な飲み方、おすすめカクテル、度数などを総ガイド!お店やご自宅で楽しむ際の参考にしてください!

ロシアのお酒「ウォッカ」

皆さん、ウォッカを飲んだことはありますか?居酒屋やバーのメニューで目にする機会はあっても、飲むことにためらってしまう方も少なくないかもしれません。それもそのはず、日本人は体質的にアルコールが弱い方が多いと言われていますが、ウォッカの平均アルコール度数はなんと40度もあるからです。

ウォッカはスピリッツと呼ばれる蒸留酒です。一般的にカクテルのベースとして使われてます。他のスピリッツと比べても、クセが少ないのが特徴です。知らないうちに意外と飲んでいるのかもしれませんね。

そんなウォッカについて、飲み方、カクテル、度数、おすすめの銘柄まで詳しくご紹介します!

4大スピリッツのひとつ

ウォッカはロシアや中東欧でよく親しまれている蒸留酒です。原材料は、ライ麦や大麦・小麦、ジャガイモなどの穀物が中心に作られています。フルーツから作られるものもあり、その種類はさまざまです。

蒸留の過程で白樺の炭でろ過されるので、アルコール臭を除けば、ほぼ無味無臭のお酒ですよ。蒸留して作られるお酒のうち、焼酎やウィスキー以外を総称してスピリッツと言います。

ウォッカはジン、テキーラ、ラムと並んで世界4大スピリッツと言われています。ジンはウォッカ同様、大麦やジャガイモなどを原料として作られる蒸留酒です。蒸留の際、薬草を加えるため、独特の香りや切れ味が特徴。

テキーラは、サボテンのイメージがありますが、実際はリュウゼツランという多肉植物が原料です。ショットで飲んだり、カクテルにしたり、ちょっとお洒落な印象ですね。ラムはお酒が飲めない方でも、ラムレーズンなどから味が想像出来る方もいるのではないでしょうか。サトウキビから作られるお酒なので、強い甘みが特徴です。

そして、ウォッカは「命の水」を意味するロシア語が語源とされるくらい、まるで水のような飲み口です。極寒の地では水はすぐに凍ってしまうため、水よりもウォッカの消費量が多いとさえ言われています。

ウォッカのアルコール度数

およそ40度!

水のような飲み口と言っても、ウォッカの平均アルコール度数は約40度。日本で販売されているビールの多くは5度なので、いかにウォッカのアルコール度数が高いか分かります。

このため、お酒と言えばウォッカを指すロシアでは、2011年以前までビールがアルコール飲料として認定されていなかったほど。ウォッカの中には、アルコール度数96度のお酒も存在し、火気厳禁の注意書きがされているものもあります。

ちなみに日本酒は?

日本のお酒と言えば、お米から作る日本酒ですが、ビールなどと同じ醸造酒の中ではアルコール度数はかなり高め。醗酵のみで作られるアルコールの度数の最大値、22度までが日本酒の定義になっています。それでも基本的には15~16度が大半で、日本酒から蒸留して作られる焼酎でも25度が平均的。

単純計算で比べてみても、ウォッカの40度という度数は、日本酒の半分の量でもさらにアルコール度数が高い、ということになりますね。

ウォッカの基本的な飲み方

そんなアルコール度数の高いウォッカ。さまざまな飲み方が出来るので、そのまま飲むことに抵抗ある方は、色々な飲み方を試してみてくださいね!

ストレート

ロシア人が、雪原でウォッカを瓶からラッパ飲み。そんなイメージありませんか?でも、ウォッカをストレートで飲む場合、実は多くは瓶ごと凍らせてからショットグラスで飲みます。

アルコール度数が高いため、液体でも凍ることはありません。冷凍庫に入れて凍らせると、トロリとした口どけが楽しめます。同様によく冷やしたショットグラスに注ぎ、好みでレモンやライムの薄切り、荒塩とともに一気に口に含みます。

これが、ウォッカ本来の味わいを楽しむ飲み方のストレートですね。香り付けされたフレーバーウォッカは、ストレートにおすすめです。

ロック

ロックで飲んでも、ウォッカの風味を楽しむことができます。ロックグラスに氷を入れ、ウォッカを注ぎ、レモンやライムを搾って入れるとよく合うでしょう。ウォッカに限らず、アルコール度数の高いスピリッツは、柑橘系との愛称が抜群、爽やかな飲み口になります。

それでもやっぱりアルコールがキツイ!と感じたら、同量の水で薄めるハーフロック(トゥワイスアップ)もおすすめ。アルコールが薄まり、ウォッカ本来の香りを一番感じることができます。バーなどでは追加の水は料金がかからず対応してくれるところが多いですよ。

ウォッカトニック

スタンダードカクテル「ジントニック」のウォッカ版です。グラスに絞ったライム、氷を入れ、ウォッカを注ぎます。トニックウォーターをゆっくり注ぎ、炭酸が抜けないように優しく混ぜてできあがり。

ソーダ割り(ウォッカリッキー)

ウォッカをソーダとライムジュースで割ったカクテルを、ウォッカリッキーと呼びます。ライムジュースを加えることでより爽やかな味わいが楽しめます。さらにカットライムを好みで絞ってもOKです。

リッキーとは、このカクテルを最初に頼んだ人の名前が由来。ウォッカをソーダとライムジュースで割るとウォッカリッキー、ベースのスピリッツがジンだとジンリッキーとなります。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】レストランで頼めば2万円近くする高級ワインが、サイゼではなんと驚異の7000円!?知る人ぞ知るサイゼのワイン通!

実はサイゼリヤは、ワイン好きにはたまらない美味しいワインをリーズナブルに食することができるお店。 店舗によっては常時50種ものワインを揃え、他のレストランの通常価格の半額以上低価格で提供しているとのこと。その…

採れたてフルーツの新鮮な味!「アラン・ミリア」のジュース&ネクターが大好評☆

「ジュースやネクターを通して、採れたてフルーツを味わう悦びを再発見してほしい」。フランス・リヨン郊外で果樹園を営む家に生まれ育ったアラン・ミリア氏がつくるジュース&ネクターに、フランスが誇る美食のひとつとして…

1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1…

世界で2番目に消費されている蒸留酒! ブラジル原産「カシャッサ」がじわじわキテる!!

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」。日本人にはあまりなじみのないお酒ですよね。ブラジルW杯が間近に迫った今、ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきて…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

ペットボトルの底はペタロイド?意外と知らない「食」にまつわる正式名称まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

最近人気のちょっと変わった日本酒15選!女性にも飲みやすい新スタイル◎

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

10ドル以下で食べられる♡美味しいNYのお店「21選」

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

余ったそうめんが大変身!家事えもんの「そうめんピザ」を試す人続出

以前テレビで紹介された「そうめんピザ」というレシピが話題になっています。夏に余ったそうめんを大量に消費するチャンス?普通に食べるよりもおいしくいただけるそうなので、この機会にぜひ皆さんもそうめんピザにチャレン…

大人のお忍びデートに。話題の「奥渋谷」でおすすめのディナー7選

今回は、今話題になっている「奥渋谷」エリアのディナーがおいしいお店をまとめました。奥渋谷とは、駅から少し歩いた神山町・宇田川町・富ヶ谷のあたりを指します。喧噪から離れているので、大人のデートにピッタリな静かな…

食べ始めたら止まらない!「じゃがいもコロコロ」は北海道土産におすすめ

最近、北海道のお土産で人気となっているのが「じゃがいもコロコロ」というお菓子。これは北海道産の良質なじゃがいもを丸ごとすりつぶして作った味わい豊かなおかきで、道産の天然塩で味つけしてあるやみつき注意のお菓子な…

ページTOPに戻る