ローディング中

Loading...

ジントニックは、とてもシンプルなカクテルですが、だからこそ作り方次第で大きく味が変化します。今回は、ジンのアルコール度数やカロリー、作る手順や飲み方など、知ってると少し得するジントニックの知識をご紹介します。

ポピュラーなカクテル、ジントニック

ジンカクテルでもっとも人気のある「ジントニック」。少しでもお酒をたしなむ人なら、居酒屋やバーで飲んだことがあるのではないでしょうか。強いクセがないので、アルコールは苦手という人でも比較的飲みやすいお酒です。

ジントニックが生まれたのは、大英帝国時代。熱帯の植民地で働くイギリス人たちは、マラリアを避けるためにトニックウォーターを飲んでいたのですが、ジンを入れたら驚くほどおいしかった、というのがそもそものはじまり。

以後、世界中に広まり、スタンダードカクテルのひとつとなりました。

ジントニックの度数・味・カロリー

名前はその名の通り、蒸留酒のひとつであるジンとトニックウォーターを使ったカクテルだからジントニック。

アルコール度数は、標準的なレシピで作った場合でだいたい5%前後。ビールやチューハイ、ハイボールなどと同じくらいですね。

ジントニックの味はさっぱりとしていて、香りはさわやか。柑橘類のほろ苦さがかすかに舌に残る、少しビターなお酒です。

なお、ジントニックのカロリーはグラス1杯あたり150〜180kcal。ビールやジュースに比べると低カロリーといえるでしょう。ただし、ベースとなるジンは、100mlあたり267kcalもあるので、アルコール度数の高いジントニックほど高カロリーとなります。酔いすぎ防止や、カロリーオーバーにならないためにも、ジンの入れすぎには要注意。

ちなみに、ジントニックのベースであるジンの特徴は、大麦やライ麦、ジャガイモなどを使った蒸留酒で、ジュニパーベリー(ネズの実)やボタニカルと呼ばれる薬草成分で香りづけされています。ジン自体のアルコール度数は40%前後です。

ジントニックの魅力は香り!

ジュニパーベリー(ネズの実)やハーブのエッセンスが入ったジンと、柑橘類の風味が広がるトニック。この2つによって作られるジントニックの魅力といえば、やはりその香りです。

ジントニックとギムレットの違いは

ジントニックとギムレット。レシピが似ているせいか、混同している人が多いお酒ですね。

でも、このふたつには明確な違いがあり、まったくの別物です。

本来のギムレットはスタンダードなショートカクテルで、ジンとライムジュースを1:1でシェイカーに入れ、シェイクしてグラスに注ぎます。対して、ジントニックはシェイクをしませんし、ベースは同じジンですが、トニックウォーターを使います。

小さな違いのように思う方もいるかもしれませんが、これだけで風味や飲み心地はかなり変わるのです。

ジントニックの作り方

では、そろそろ一般的なジントニックの作り方をご紹介しましょう。シンプルだからこそ奥深いジントニックですが、作るために難しいテクニックは必要ありません。液量を測るためのジガーカップがあると便利ですよ。

材料

・ドライジン(※) 45ml
・トニックウォーター 適量
・ライム

※ドライジンとは、イギリスのロンドンを主産地としたジンのこと。ロンドン・ジン、イングリッシュ・ジンとも呼ばれます。

作り方

1. 切ったライムをグラスに搾り、いっぱいまで氷を加えます。
2. ジガーカップにジン45mlを入れ、グラスの中へ。
3. 氷を狙ってゆっくりとトニックウォーターをグラスに注ぎ、軽くステア(かき混ぜる)したら完成です。

なお、ジンとトニックウォーターの割合は1:3が基本。用意したグラスが大きいときは、この比率にしたがって分量を調節しましょう。

また、グラスにレモンを添えるタイプのジントニックもありますが、どちらかといえばライムの方が一般的。これは私感ですが、レモンよりライムのほうが、ジンの香りとの相性が良いと思います。

ジントニックの作り方は下の動画でもチェックできますので、ぜひご覧になってみてください。
macaroni | 今日の一杯 カクテル ジントニック/gin tonic ~bar macaroni~
ちなみに、こちらはギムレットの作り方の動画。見比べると違いは明白ですね。
macaroni | 今日の一杯 カクテル ギムレット/gimlet ~bar macaroni~

おいしいジントニックを作るコツ

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほうれん草の旬っていつだか知ってる?おいしい保存方法や選び方も紹介

みなさんはほうれん草の旬がいつなのかご存知ですか?知らないという方のために、今日はほうれん草の旬についてお話ししていきたいと思います。さらに、おいしいほうれん草の選び方や正しい保存方法、おすすめのレシピについ…

うどん×茶碗蒸し!ハイブリッド和食「小田巻き蒸し」の作り方♪

つるんとした食感と優しいだしの風味が魅力の「茶わん蒸し」と「うどん」、その両方を同時味わえるのが「小田巻蒸し」と言われる、うどん入り茶わん蒸しです。今回は、基本の作り方と簡単レシピ3選をご紹介します。ぜひチャ…

昔ながらの伝統料理「茄子田楽」の基本の作り方!チーズ乗せレシピもご紹介

今夜のおかずのひと品に「茄子田楽」を作りませんか?口の中でじゅわっととろける茄子と、甘くコクのある田楽味噌の組み合わせが絶品!ご飯はもちろん、お酒との相性も抜群なんです。お家にある食材で簡単に作れるので、ぜひ…

ページTOPに戻る