同量で割るだけ!爽やかカクテル「パナシェ」はお家バーにぴったり♪

ビールと炭酸飲料を混ぜたパナシェは、低アルコールで見た目にも涼しげなカクテルです。作り方も簡単で、口あたりもとっても良い爽やかなもの。外で飲むのも良いですが、身近な材料ですぐに作れるので、おうちBarを楽しむのにぴったりですよ。

2018年10月30日 更新

おうちカクテルを楽しもう♪

おうち飲み会やパーティーに欠かせないお酒。定番が決まっているという方も多いことと思いますが、カクテルをレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?カクテルというと難しそうで、専用の器具がないと作れないイメージもありますが、ごく簡単なものもあるんですよ。

混ぜ合わせるだけで完成する「パナシェ」もそのひとつです。今回はそんなパナシェについて作り方など詳しくご紹介します!

パナシェってどんなカクテル?

パナシェとは、ビールとレモネードのような炭酸飲料を同じ量で割ったカクテルを指します。炭酸飲料は透明なものを使い、仕上がりが透明であることが正しいパナシェの特徴です。ビールのほろ苦さと、炭酸飲料の爽やかな甘みがマッチして飲みやすく、口当たりも軽い味わい。アルコール度数は2.5%程度と低めになっています。透き通った琥珀色がとてもきれいなカクテルです。

名前の由来

「パナシェ」の名の由来は、フランス語で「混ぜ合わせた」という意味にあります。意味だけを考えると単純ではありますが、おしゃれな名前、かわいい名前の多いカクテルならではの素敵なネーミングですね。

パナシェの作り方

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう