白トリュフ

白トリュフはイタリアが産地です。旬の季節は、10〜12月の秋冬です。採れる量が黒に比べて少ないため、貴重とされているのですよ。こちらは、生で料理されることが多く、食感は黒に比べて少しやわらかめだと言われています。香りは、人によって感じ方が異なるようですが、ガソリンの匂い、ニンニクの匂い、獣の匂い、アーモンドの匂いなどが挙げられます。

トリュフの味と香りが知りたい!

味・食感

高級食材であるトリュフですが、その味はどのようなものなのでしょうか?人それぞれ感じ方や捉え方に違いはありますが、トリュフの味に関しては、多くの方がほとんどしないと感じるはず。初めて食べた方は、これがトリュフなのかなと思ってしまうくらい無味なのだとか。食感はサクッとしているそうです。 それでは、なぜ高級料理店などでよく使われているのでしょうか?トリュフの決め手は、味ではなく、むしろ香りにあるからです。

香り

トリュフは味ではなく香りを食べていると言ってもよいくらい、香りが豊かなものとして知られています。香りを楽しむものとして本場では扱われています。グルメな方々が集う高級レストランで、トリュフが使われている理由が分かりますよね。 トリュフが持つ独特の香りを好む方は多く、特に「黒トリュフ」の香りは、土の中や森の中の匂いと表現されていますよ!

トリュフの基本的な食べ方

1. スライス

トリュフは、どのような食べ方をするのが一般的なのでしょうか?まずご紹介したいのはスライスしてトッピングする食べ方です。お肉の上にスライスしたトリュフをふんだんに使ったお料理などが、イタリアンやフレンチレストランでよく見られるひと品かと思います。

編集部のおすすめ