ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

きのこ鍋を作るときのポイント

きのこは洗わずに使う

風味が強いきのこは、基本的に水で洗わないようにしましょう。水につけると、きのこならではの風味が損なわれてしまう原因に。汚れが気になる方は、乾いたキッチンペーパーなどで拭き取るようにしてくださいね。

どんなスープが合う?

きのこは、基本的にどんな味付けにも合う食材。そのため、「このスープでないといけない!」という縛りはありません。

しいていえば、しいたけやしめじ、まいたけといった、より風味の強いものを使う場合は、しょうゆや味噌など和風のスープで作るようにしましょう。洋風の味付けだと、味がぶつかってしまうこともあります。

一緒に入れたい具材

きのこ鍋に限らず鍋全般に言えることですが、相性の悪い食材ってあまり聞かないですよね。もちろんきのこ鍋も、お好きな具材を加えて楽しみましょう。きのこの風味をしっかりと感じたい方は、白菜やネギなど淡白な味わいの野菜や、やさしいだしが出る鶏肉などがおすすめです。

だしが決め手!しょうゆスープのきのこ鍋レシピ4選

1. 旨みたっぷり!鶏肉のきのこ鍋

鶏肉とまいたけ、しめじ、エリンギを、しょうゆベースのスープで煮込む鍋です。旨みたっぷりで、おいしく仕上がります。食べ応えがあり、大満足間違いなしですよ。お好みで柚子胡椒をつけていただくと、味が引き締まります。〆は雑炊でいただきましょう。

2. 柑橘汁をプラス。さっぱりきのこ鍋

まいたけ、しめじ、エリンギ、しいたけと、4種類のきのこを入れる鍋です。チキンスープの素、酒、みりん、しょうゆを混ぜて作ったベースに柑橘汁を加えると、さっぱりした口当たりに仕上がります。お好みで、刻みねぎや一味唐辛子を入れてみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ