「トリュフ」とは?基本の食べ方&おすすめレシピを総まとめ!

みなさんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」のひとつ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどをご紹介します!

「トリュフ」って一体何者!?

「トリュフ」はキノコの一種

世界三大珍味のひとつ、トリュフ。フランス料理の香り付けなどに用いられています。高級レストランなどで出てくるようなイメージが強いですね。このトリュフ、じつはキノコの一種であることをご存知でしたか?高級なことでも知られているトリュフですが、その正体はキノコだったのです。

ほかの国での呼び方

日本名は「西洋松露」。楢や樫の林に自生しています。人間が、飼育・養殖することがむずかしいとされているため、一定の訓練を受けた犬や豚が探し当てることが一般的です。そのため希少価値が高いんです。イタリアやフランスの林の土中に埋まっていることが多く、「黒いダイヤ」と呼ばれているそうです。

チョコレートの「トリュフ」

若い方にも馴染みがあるのが、チョコレートのトリュフですよね。バレンタインの際に作ったことのあるという方も、多いのではないでしょうか?比較的初心者の方にも作りやすい定番のチョコレートということで評判です。

チョコレートのトリュフはガナシュを作り、丸めてチョコレートやココアをかけて作ります。実は、トリュフという名前は、高級キノコであるトリュフに形が似ていることから、その名前が付けられたといわれています。

トリュフは2種類ある!

トリュフには大きく分けて2種類あります。黒トリュフと白トリュフです。トリュフは種類によって味や香り、食感まで違うんですよ。

黒トリュフ

黒トリュフはイタリアでも採れますが、主にフランスが産地となっています。黒トリュフの旬は秋から冬にかけてが一般的とされていますが、6〜8月に採れることもあるようです。こちらは加熱して食べることが多く、サクッとした歯ごたえのある食感が特徴です。香りは、新鮮な土の匂いや森の中の匂いと言われているそうです。

白トリュフ

白トリュフはイタリアが産地です。旬の季節は、10〜12月の秋冬です。採れる量が黒に比べて少ないため、貴重とされているのですよ。こちらは、生で料理されることが多く、食感は黒に比べて少しやわらかめだと言われています。香りは、人によって感じ方が異なるようですが、ガソリンの匂い、ニンニクの匂い、獣の匂い、アーモンドの匂いなどが挙げられます。

トリュフの味と香りが知りたい!

味・食感

高級食材であるトリュフですが、その味はどのようなものなのでしょうか?人それぞれ感じ方や捉え方に違いはありますが、トリュフの味に関しては、多くの方がほとんどしないと感じるはず。初めて食べた方は、これがトリュフなのかなと思ってしまうくらい無味なのだとか。食感はサクッとしているそうです。

それでは、なぜ高級料理店などでよく使われているのでしょうか?トリュフの決め手は、味ではなく、むしろ香りにあるからです。

香り

トリュフは味ではなく香りを食べていると言ってもよいくらい、香りが豊かなものとして知られています。香りを楽しむものとして本場では扱われています。グルメな方々が集う高級レストランで、トリュフが使われている理由が分かりますよね。

トリュフが持つ独特の香りを好む方は多く、特に「黒トリュフ」の香りは、土の中や森の中の匂いと表現されていますよ!

トリュフの基本的な食べ方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう