ローディング中

Loading...

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどをご紹介します!

「トリュフ」って一体何者!?

「トリュフ」はキノコの一種

世界三大珍味の一つ、トリュフ。フランス料理の香り付けなどに用いられています。高級レストランなどで出てくるようなイメージが強いですね。このトリュフ、じつはキノコの一種であることをご存知でしたか?高級なことでも知られているトリュフですが、その正体はキノコだったのです。

日本名は「西洋松露」。楢や樫の林に自生しています。人間が、飼育・養殖することが難しいとされているため、一定の訓練を受けた犬や豚が探し当てることが一般的です。そのため希少価値が高いのですね。犬や豚が探し当てるシーンなどを、テレビで見かけたことある方がいらっしゃるかもしれませんね。

イタリアやフランスの林の土中に埋まっていることが多く、黒いダイヤと呼ばれているそうです。

チョコレートの「トリュフ」

若い方にも馴染みがあるのが、チョコレートのトリュフですよね。

バレンタインの際に作ったことのあるという方も、多いのではないでしょうか?比較的初心者の方にも作りやすい定番のチョコレートということで評判です。デパートの地下街などに、有名店のトリュフがずらっと並んでいる様子を見ると、種類も豊富で思わず買いたくなってしまいますよね。

チョコレートのトリュフはガナシュを作り、丸めてチョコレートやココアをかけて作ります。実は、トリュフという名前は、高級キノコであるトリュフに形が似ていることから、その名前が付けられたといわれています。

トリュフの味と香りが知りたい!

味・食感

高級食材であるトリュフですが、その味はどのようなものなのでしょうか?人それぞれ感じ方や捉え方に違いはありますが、トリュフの味に関しては、多くの方がほとんどしないと感じるはず。初めて食べた方は、これがトリュフなのかなと思ってしまうくらい無味なのだとか。食感はサクッとしているそうです。

それでは、なぜ高級料理店などでよく使われているのでしょうか?トリュフの決め手は、味ではなく、むしろ香りにあるからです。

香り

トリュフは味ではなく香りを食べていると言ってもよいくらい、香りが豊かなものとして知られています。香りを楽しむものとして本場では扱われています。グルメな方々が集う高級レストランで、トリュフが使われている理由が分かりますよね。

トリュフが持つ独特の香りを好む方は多く、特に「黒トリュフ」の香りは、土の中や森の中の匂いと表現されていますよ!

トリュフの基本的な食べ方

トリュフは、どのような食べ方をするのが一般的なのでしょうか?まずご紹介したいのはスライスしてトッピングする食べ方です。お肉の上にスライスしたトリュフをふんだんに使ったお料理などが、イタリアンやフレンチレストランでよく見られる一品かと思います。

次に細かく刻んでトッピングする食べ方です。こちらは、幅広く使われており、パスタやリゾット、スープやスクランブルエッグなどにも用いられる方法です。こちらの食べ方であれば、手軽にトライできそうですね!

白トリュフとは?

トリュフには大きく分けて2種類あります。黒トリュフと白トリュフです。

黒トリュフはイタリアでも採れますが、主にフランスが産地となっています。黒トリュフの旬は秋から冬にかけてが一般的とされていますが、6〜8月に採れることもあるようです。こちらは加熱して食べることが多く、サクッとした歯ごたえのある食感が特徴です。香りは、新鮮な土の匂いや森の中の匂いと言われているそうです。

続いて、白トリュフはイタリアが産地です。旬の季節は、10〜12月の秋冬です。採れる量が黒に比べて少ないため、貴重とされているのですよ。こちらは、生で料理されることが多く、食感は黒に比べて少し柔らかめだと言われています。香りは、人によって感じ方が異なるようですが、ガソリンの匂い、ニンニクの匂い、獣の匂い、アーモンドの匂いなどが挙げられます。

黒白の種類によって、こんなふうにさまざまな違いがあることも、トリュフの魅力の一つかもしれませんね!

トリュフ塩で料理を簡単アレンジ!

手軽に贅沢気分が味わえると話題になっているのが、このトリュフ塩。トリュフをフリーズドライして、海塩と混ぜ合わせたものです。ひと振りかけるだけで、ふわっとトリュフの香りが広がりますよ。キッチンに常備しておけば、いつもの料理が高級感のあるフレンチ仕様に仕上がりますね!

パスタやオムレツ、サラダ、ポテト、ステーキに至るまで幅広く使えるのが、このトリュフ塩です。振りかけるだけでワンランクアップした料理に変身してくれるので、主婦の方には強い味方になってくれるかもしれませんね。
▼吹きかけるだけで風味が一変!

数滴で絶品になるトリュフオイルとは?

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

砕く、混ぜる、炊き込む! せんべい有効活用レシピまとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

鶏むね肉をジューシーに仕上げるレシピ8選

普通に焼くと、パサパサになってしまうことが多い鶏むね肉を、ふっくらジューシーに仕上げてくれるレシピを集めました。鶏むね肉の調理方法に悩んでいる女性はぜひご覧になってみてくださいね!

みんなで取り分けよう♩簡単おしゃれ「スコップケーキ」レシピ12選

見た目からしておしゃれで女子力高めなスコップケーキ。作るのは難しそうに見えますが……、実は簡単なんです!今回はデザート初心者でもかわいく作れるレシピを12選ご紹介します。パーティーやおもてなしに華を添えてくれ…

おうちで出来る☆billsのパンケーキ再現レシピまとめ♪

今、あのパンケーキで有名なbillsのレシピをおうちで再現することがプチブームになっています。しかも、ただ再現するだけでなく自分好みのアレンジを加え、ちょっとだけオリジナリティを出しています。紹介する中からお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

行列ができる新宿御苑のハンバーグ店「ハンバーグウィル」

岩手県産高級銘柄豚の「岩中豚(いわちゅうぶた)」を100%使用したハンバーグが絶品!と人気のお店「ハンバーグウィル」。豚肉だけとは思えない程コクがあってジューシーなハンバーグは、行列ができる程美味しいと評判で…

新宿「コヴァ新宿タカシマヤ」で本場仕込みのドルチェとコーヒーを

新宿でコーヒーを飲みたくなったとき、真っ先に行きたいお店があります。新宿タカシマヤ3階にある「コヴァ新宿タカシマヤ」。本場仕込みのバリスタが淹れるエスプレッソやカプチーノ、人気の高いドルチェなら、味にうるさい…

ピクニックに持参したい「ピンチョス」アイデアレシピ8選!お花見にもばっちり

簡単に作れてサイズが小ぶり、さまざまな食材を自由自在にアレンジできるので、お花見やピクニックなど屋外の食事にもぴったりの「ピンチョス」。お酒のおつまみにも、お子様のおやつにもよく合うピンチョスのアイデアレシピ…

ページTOPに戻る