「トリュフ」とは?基本の食べ方&おすすめレシピを総まとめ!

みなさんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」のひとつ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどをご紹介します!

2019年4月25日 更新

「トリュフ」って一体何者!?

「トリュフ」はキノコの一種

世界三大珍味のひとつ、トリュフ。フランス料理の香り付けなどに用いられています。高級レストランなどで出てくるようなイメージが強いですね。このトリュフ、じつはキノコの一種であることをご存知でしたか?高級なことでも知られているトリュフですが、その正体はキノコだったのです。

ほかの国での呼び方

日本名は「西洋松露」。楢や樫の林に自生しています。人間が、飼育・養殖することがむずかしいとされているため、一定の訓練を受けた犬や豚が探し当てることが一般的です。そのため希少価値が高いんです。イタリアやフランスの林の土中に埋まっていることが多く、「黒いダイヤ」と呼ばれているそうです。

チョコレートの「トリュフ」

若い方にも馴染みがあるのが、チョコレートのトリュフですよね。バレンタインの際に作ったことのあるという方も、多いのではないでしょうか?比較的初心者の方にも作りやすい定番のチョコレートということで評判です。

チョコレートのトリュフはガナシュを作り、丸めてチョコレートやココアをかけて作ります。実は、トリュフという名前は、高級キノコであるトリュフに形が似ていることから、その名前が付けられたといわれています。
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう