3つ全部言える? 意外と知らない「日本三大珍味」を調べてみた

世界三大珍味は知っていても、日本三大珍味は知らない方が多いのではないでしょうか。また「うるか」や「くちこ」といった、本当に珍しい日本の珍味は知る機会がないかもしれません。今回は「珍味」の意義から、覚えておくと博識になれる珍味までご紹介します。

2019年5月5日 更新

日本三大珍味を知っていますか

「日本三大珍味はなんでしょう」と聞かれて、すぐに思い浮かびますか? う~ん。世界三大珍味はすぐに出てきますが、日本三大珍味といわれると、答えに困ってしまいますよね。

世界だけではなく、日本にも三大珍味と呼ばれている食べ物があります。今回は、そんな日本三大珍味についてご紹介!

日本三大珍味とは

日本三大珍味とはウニ・からすみ・このわたです。これは農林水産省が認めたもので、消費者相談のコーナーにも記載されています。しかし、農林水産省が公式に述べたものではありません。

一般的にウニ・からすみ・このわたが定着しているだけであって、日本三大珍味には諸説あり、ウニではなくくちこだという説もあります。

ウニ

三大珍味といわれるウニは、生ウニではなく塩ウニです。塩ウニとは、ウニの精巣や卵巣に塩を加えたもの。「汐ウニ」または「ウニ塩辛」と表記される場合もあります。

塩ウニの名産地は、越前国(福井県)。「越前雲丹」で、ピンとくる人もいるのではないでしょうか。福井県以外に、北海道や三陸でもウニ漁が盛んです。製造元によって、ウニの種類や使う部位、加工方法が違います。ウニが好きな人は、食べ比べてみるのもいいですね。

からすみ

からすみは、ボラの卵巣を塩漬けにし、天日で乾燥させたものです。中国・唐の時代の墨に形が似ていることから、そう名づけられました。

名産地は、長崎県の肥前国。長崎県野母崎半島で漁獲されたボラを使用してたたこともあり、「長崎野母の唐墨」と呼ばれる場合もあるのだとか。現在では、外国産のボラも使われています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう