絶対褒められる!さくジュワ「おいしい唐揚げ」を作るポイントはこれ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介しますね。

2018年12月4日 更新

1度揚げたら5分休ませる

2回も揚げるのは面倒だし、そもそも油っこくなりそう……と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これこそがおいしく仕上がるコツなのです。 基本レシピで紹介したように、4〜5分揚げたら、取り出し、5分バットの上で休ませます。

仕上げは高温

そして「2度揚げ」をぜひおこなってください。油の温度は190℃の高温にして1〜2分揚げます。 余熱でじっくり鶏肉に火を通し、最後に高温で仕上げる、この手順を忘れないようにしてくださいね。

おいしい唐揚げレシピ3選

おいしい唐揚げの作り方のレシピ3選です。サクっとおいしい唐揚げから、ジューシーな唐揚げ、さらにスティックタイプの唐揚げとバラエティに富んだ唐揚げのレシピをお楽しみください。

1. 冷めてもおいしい唐揚げ

鶏肉は揚げると小さくなるので、少し大きめにカットしましょう。筋が密集している部分には切り込みを入れて、筋切りしておくと焼き縮みを防ぐことができます。油全体に小さな泡が見える程度をキープして揚げます。揚げ時間は両面で7~8分くらいが適当で、最後は強火で揚げましょう。 片栗粉を増やすとカリッと食感で揚げたてがおいしくなります。また、小麦粉を増やすと、しっとり柔らかで冷めてもおいしくなるのだそうですよ。

2. 上新粉を使った唐揚げ

上新粉をつかってつくる唐揚げ。ハワイではモチコチキン(餅粉でつくるチキン)の名でも愛されています。外側はカリッカリ、中はジュワッとジューシーに仕上がるんだとか。

3. パン粉を使ったサクっとジューシー唐揚げ

お弁当に入れて時間が経ってもサックサクだったというこちらの唐揚げ。ヒミツは、衣にパン粉を混ぜているところなんだとか。ごま油であげるので、香ばしい風味が感じられます。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS