ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

ハンバーグ作るとき、牛乳入れる?

みなさんはハンバーグを作るときに牛乳を入れますか?牛乳を入れる理由をご存知ですか?改めて聞かれたり考えたりしてみると、実際には理由がわからないかもしれません。

ハンバーグにおける牛乳の役割を、改めて勉強しましょう。ほかにも、牛乳を使わないハンバーグのレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハンバーグに牛乳を入れる意味

ハンバーグに牛乳を入れることには、たくさんのメリットがあるのです。牛乳は、肉に混ぜるとハンバーグのつなぎとしての役割を果たします。また、牛乳には、肉の臭みを取り除く効果も。肉の臭みを緩和し、ハンバーグをふっくらとした食感に仕上げてくれます。

さらに、肉の旨味に牛乳のコクが加わることで、おいしさがぐんとアップ!レストランで食べるような、本格的な味わいに仕上がりますよ。

ハンバーグに牛乳を入れないとおいしくない?

牛乳はハンバーグの大切な材料ではありますが、なくても、おいしいハンバーグは作れます。牛乳がない場合には、ほかの食材で肉の臭みを取り除いたり、やわらかくしたりできるのです。

代用になる食材を知っておけば、いざハンバーグが作りたくなったとき冷蔵庫に牛乳がなくても諦めずにすみますよ。それぞれの特徴を押さえ、ぜひ活用してくださいね。

牛乳なしで臭みを抑える

ハンバーグの生地にナツメグを加える方法。ナツメグには肉の臭みをとる効果があり、ハンバーグ以外の肉料理にもよく使われます。ひき肉と相性がよく、ミートローフやミートソースを作る際にもおすすめのスパイスです。

ナツメグがない場合は、しょうがやにんにくも肉の臭み消しに使えますよ。また、牛肉や豚肉に比べて臭みが弱い鶏ひき肉を使っても臭みを緩和できます。

牛乳は水やヨーグルトで代用できる!

つなぎの代表は、パン粉です。パン粉を牛乳に浸してハンバーグに入れる方も多いのではないでしょうか。牛乳に浸さずにパン粉を入れても、十分つなぎになりますよ。

ほかには、豆腐や麩、玉ねぎも牛乳の代わりになります。ヨーグルトや豆乳も、牛乳の代わりに使えますよ。生クリームでもOKです。

牛乳なしで作るハンバーグレシピ10選

1. ひき肉だけのハンバーグ

つなぎを使わず、合い挽き肉と調味料で作れるハンバーグです。生地にオイスターソース、塩、こしょうを混ぜてから焼くのがポイント。肉だけのハンバーグなので、弾力がありボリュームも満点です。肉好きな方はぜひ試してみてくださいね。

編集部のおすすめ