ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

そうめんに入れる定番の薬味といえば?

そうめんの薬味として定番なのは、小ねぎやしょうが、みょうがなどの食材が一般的。また、大葉を刻んだり、大根を紅葉おろしにしていただくこともありますよね。

しかし、定番の薬味では物足りないと感じることもあるのではないでしょうか。そこでここからは、アレンジにぴったりな変わり種の薬味を紹介していきます。野菜の刻み方や、薬味の加え方にも触れているので、ぜひ参考にしてくださいね。

さっぱりおいしい!野菜の具材5選

1. トマト

そうめんにトマトを入れると、さっぱりとした酸味が加わって、いつもとは違う味わいを楽しめます。トマトを粗めに刻み、めんつゆに入れていただきましょう。ごま油を少し加えると、風味がよくなりますよ。トマトは、プチトマトよりも大きなトマトのほうが水分が多いので、フレッシュにいただけておすすめです。

2. オクラ

オクラを刻んで加えると、粘りが出てするするといただけます。簡単にアレンジするなら、ゆでオクラを輪切りにして入れるだけでもOK。もう少し手を加えるなら、みじん切りにするのもいいですよ。刻んでから包丁で細かく叩くことで、より粘りが出てきます。

3. 玉ねぎ

そうめんの薬味といえば小ねぎが定番ですが、玉ねぎもそうめんに合うのをご存知でしょうか。玉ねぎは食べやすい大きさに刻んで、めんつゆに加えます。切り方によって食感が異なり、みじん切りにすればごろっとして食感を楽しめますよ。また、玉ねぎを4等分ほどの切ってから薄切りにすると、麺によく絡みます。

4. なす

香川県の郷土料理に、「なすそうめん」という料理があるのを知っていますか?なすそうめんは油揚げとなすをごま油で炒めて甘辛く煮立たせてから、そうめんにトッピングします。

このように、なすは炒めてしょうゆやみりんで甘辛く味付けするとそうめんに合いますよ。もっと簡単に薬味にするなら、5mmの角切りにして軽く炒めてめんつゆに加えるといいでしょう。

5. きゅうり

きゅうりをそうめんに加えると、歯ごたえが生まれてアクセントになります。切り方によっても食べ応えが変わり、薄切りにするとそうめんによく絡み、5mmほどの角切りにするとしゃきしゃき食感を楽しめますよ。また、なすを角切りにして合わせてもいいですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ