オクラは生でも食べられる!下処理方法とおすすめレシピも◎

オクラは固そうに見えますが、実は生でも食べられるんです。きちんと下処理をすれば、歯ごたえと独特なねばりが◎ ほかの食材ともとっても相性のいいオクラ。簡単な下処理方法のコツや、生での食べ方をご紹介します!

生で食べても大丈夫!

結論から言うと、オクラは生でも食べることができます。

ただし、オクラを生で食べる際は必ず下処理をする必要があります。購入してきたオクラをそのまま生で食べるのは避けてくださいね。

新鮮なオクラの選び方

良いオクラには以下のような特徴が見られますので、購入時の参考にしてみてください。

・濃い緑色をしているもの
・極端に大きすぎないもの
・ヘタの部分がピンと張っていて切り口もみずみずしいもの
・角がしっかりとしていて触ったときにかたいもの
・産毛がたくさんあるもの

生オクラの食べ方

下処理方法

1. 生オクラのヘタの部分やガクの部分をしっかりと取り除く。

2. さっと水洗いをして汚れなどを取り除く。

3. 生オクラに小さじ1杯程度の塩をパラパラとふりかける。

4. まな板の上でコロコロと転がし、板ずりをする。

5. 水でさっと洗い流す。
板ずりをすると、素材の色を鮮やかにし、表面をなめらかにします。また、調味料がしみ込みやすくなり、アクが抜けるなどの効果もあります。

生オクラのおすすめレシピ5選

1. オクラ納豆

納豆のネバネバとオクラのネバネバは相性が良く、オクラを入れることで、普段の納豆よりもさっぱり食べることができます。オクラのシャキシャキとした食感にかわいらしい星型の見た目も食欲をそそります。

きざみ海苔を加えることで風味がアップしますので、ご飯のお供にもぴったりです。お好みで鰹節やネギなどを加えてもいいですね◎

ITEM

焼海苔

内容量:40枚

¥1120〜 ※2018年5月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2. 生のオクラと納豆メンマの変わり奴

ボウルにすべて入れて混ぜるだけの簡単レシピです。メンマの塩気があるので、そのままでも十分においしくいただけますが、足りないようならお醤油を入れてみてください。食べるラー油などを加えてアレンジしてみてもいいですね◎

お酒のおつまみにいかがでしょうか♪

3. 豚しゃぶと梅オクラ

オクラと大葉のきれいな緑と、梅の赤がコラボレーションして見た目がとてもきれいなひと品。豚肉との相性も抜群です!

オクラの食感を楽しみたいのであれば、オクラを大きめにカットすることがポイント。冷蔵庫でよく冷やしてから食べるとよりおいしいですよ。

4. 焼きさつま揚げのオクラおろしのせ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう