ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

監修者 : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

生で食べても大丈夫!

Photo by macaroni

結論から言うと、オクラは生でも食べることができます。 ただし、オクラを生で食べる際は必ず下処理をする必要があります。購入してきたオクラをそのまま生で食べるのは避けてくださいね。

新鮮なオクラの選び方

いいオクラには以下のような特徴が見られるので、購入時の参考にしてみてください。

・濃い緑色をしているもの
・極端に大きすぎないもの
・ヘタの部分がピンと張っていて切り口もみずみずしいもの
・角がしっかりとしていて触ったときにかたいもの
・産毛がたくさんあるもの

【野菜ソムリエのワンポイントアドバイス】
稲吉さん:「大ぶりのオクラは種が硬いので、小ぶりのもの(開花後4〜5日の未熟なもの)を選びましょう」

生オクラの食べ方

下処理方法

1. 生オクラのヘタの部分やガクの部分をしっかりと取り除く。
2. さっと水洗いをして汚れなどを取り除く。
3. 生オクラに小さじ1杯程度の塩をパラパラとふりかける。
4. まな板の上でコロコロと転がし、板ずりをする。
5. 水でさっと洗い流す。
板ずりをすると、素材の色を鮮やかにし、表面をなめらかにします。また、調味料がしみ込みやすくなり、アクが抜けるなどの効果もあります。

【野菜ソムリエのワンポイントアドバイス】
稲吉さん:「オクラはヘタを切ってからガクの部分は皮を剥くようにして薄く剥きます。 ガクの部分から切り落とさないことで、水で洗うときにオクラの内側に水分が入らず、板ずりのときに種が出るのも防げます」

生オクラのおすすめレシピ5選

1. オクラ納豆

納豆のネバネバとオクラのネバネバは相性が良く、オクラを入れることで、普段の納豆よりもさっぱり食べることができます。オクラのシャキシャキとした食感にかわいらしい星型の見た目も食欲をそそります。

きざみ海苔を加えることで風味がアップしますので、ご飯のお供にもぴったりです。お好みで鰹節やネギなどを加えてもいいですね。

2. 生のオクラと納豆メンマの変わり奴

ボウルにすべて入れて混ぜるだけの簡単レシピです。メンマの塩気があるので、そのままでも十分においしくいただけますが、足りないようならお醤油を入れてみてください。食べるラー油などを加えてアレンジしてみてもいいですね。

お酒のおつまみにいかがでしょうか♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ