オクラは生でも食べられる。下処理方法とおすすめレシピも必見!

オクラは固そうに見えますが、実は生でも食べられるんです。きちんと下処理をすれば、歯ごたえと独特なねばりを味わうことができますよ。ほかの食材ともとっても相性のいいオクラ。簡単な下処理方法のコツや、生での食べ方をご紹介します!

2019年5月31日 更新

生で食べても大丈夫!

結論から言うと、オクラは生でも食べることができます。

ただし、オクラを生で食べる際は必ず下処理をする必要があります。購入してきたオクラをそのまま生で食べるのは避けてくださいね。

新鮮なオクラの選び方

良いオクラには以下のような特徴が見られますので、購入時の参考にしてみてください。

・濃い緑色をしているもの
・極端に大きすぎないもの
・ヘタの部分がピンと張っていて切り口もみずみずしいもの
・角がしっかりとしていて触ったときにかたいもの
・産毛がたくさんあるもの

生オクラの食べ方

下処理方法

1. 生オクラのヘタの部分やガクの部分をしっかりと取り除く。

2. さっと水洗いをして汚れなどを取り除く。

3. 生オクラに小さじ1杯程度の塩をパラパラとふりかける。

4. まな板の上でコロコロと転がし、板ずりをする。

5. 水でさっと洗い流す。
板ずりをすると、素材の色を鮮やかにし、表面をなめらかにします。また、調味料がしみ込みやすくなり、アクが抜けるなどの効果もあります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう