4. わさび

お蕎麦の薬味として定番のわさびですが、そうめんにもよく合うんです。ピリっときいたわさびと一緒に食べる事によって、より爽やかでのどごしがよくなります。 また、使うわさびですが、多くの方が手軽なチューブのわさびを使っているかと思いますが、たまには本わさびのすりおろしを使ってみるのもいいかもしれません。チューブにはない、良い香りと味わいは格別です。本わさびをすりおろす際は、「の」の字を描くようにゆっくりとおろすと、より香りが引き立ちます。
▼そうめんに合わせる「おかず」なら、こちら!

香ばしさをプラスする薬味4つ!

そうめんに香ばしさをプラスすることで、風味が増し食欲が刺激されます。ぜひ他の薬味と一緒に組み合わせたりして試してみてください。

1. 白ごま

白ごまは、そうめんに香ばしい風味をプラスしてくれます。 また白ごまには、ミネラルや不飽和脂肪酸、そしてカルシウムなど夏に不足しがちな栄養素が含まれており、手軽に栄養を摂取できる食材の一つです。めんつゆやしょうゆと組み合わせて和風にもできますし、ごま油と組み合わせると中華風にもでき、おいしく仕上ります。

2. 焼き海苔

乾海苔よりも焼き海苔は風味が強いため、細く刻みそうめんに加えると海苔の風味がプラスされよりおいしくいただけます。海苔自体には味があまりないため、他の薬味と組み合わせやすく気軽にトッピングできるのが良いですね。

3. ごま油

そうめんにごま油を加えると、香ばしさだけでなくまろやかな味わいになります。理想は、一日に小さじ1杯〜2杯程摂ると良いようです。 食べ方としては、めんつゆなどに少量加えて、そうめんをつけて食べても良いですし、野菜などをトッピングした上にかけて、ぶっかけのように食べてもおいしいです。

4. 天かす

そうめんだけでは、少しあっさりし過ぎていて物足りないという時に、天かすを加えるとつゆにコクが出るだけでなく、腹持ちがよくなります。天かすは、冷凍して長期保存できるので、手軽にアクセントとして加えられますね。 天かすのカロリーが気になる方は、天かすだけでなく青ねぎやミョウガ、オクラなどの野菜と組み合わせて使ってみるのも良いかと思います。どんな具材とも合いますので、色々と試してみてください。

特集

FEATURE CONTENTS