自宅にない…!薄口醤油の代用に濃口醤油はどう?白だしでも大丈夫?

レシピを見ていると薄口醤油がよく出てきますが、自宅になくても他の調味料で代用できるんです!「うちには薄口醤油がないから作れないな」なんて諦めていた方、これで安心!今回は薄口醤油がない時の代用についてお伝えします!

2018年12月5日 更新

薄口小さじ1杯分を代用

薄口小さじ1杯=濃口小さじ1/2杯+食塩0.5グラム(少々)です! ちなみに食塩0.5グラム(少々)のはかり方は、親指と人差し指の2本の指先でつまんだ量がおおよそ0.5グラムになるといわれています。つまみ方や指の太さによっても違ってきますが、一度ご自身のひとつまみをはかっておくと便利です。

白だしで代用できない?

だいたいの味にまとめるならOK

白だしは、基本的に「醤油」「だし汁」「みりん」「砂糖」「塩」などで作られています。そのためレシピに醤油以外の調味料の記載がない場合、出来上がりの味わいは醤油単体を使った時とはどうしても異なります。レシピ通りの味を作るのは難しいと思っておいた方が良いでしょう。 とはいえ、家庭料理ならばレシピ通りに作る必要もありませんよね。だいたいの味にまとめるのであれば、白だしも代用できそうです!

白だしで代用するときの注意

白だしといっても、商品によって味わいも塩分濃度も違います。代用する際は、レシピ通りの薄口醤油の分量を一度に入れるのはやめましょう。味見をしながら、少しずつ加えていったほうが失敗は少ないですよ。
▼醤油の賞味期限、気になりませんか?

醤油の違いを理解して料理上手を目指そう!

今回は、薄口醤油の代用について取り上げましたが、冒頭にも触れたように醤油には5種類あります。 ●濃口醤油 塩分濃度16%、色が濃く香りや味わいも深い。全国的に使われる一般的な醤油。 ●薄口醤油 塩分濃度18%、色が薄く香りや味わいは押さえられている。関西中心に広く使われている醤油。 ●たまり醤油 塩分濃度16%、色がとても濃く独特な香りと濃厚なうま味がある。中部地方で作られており刺身・魚の照り焼き・煎餅などにも使われる、別名「刺身たまり」 ●さいしこみ醤油 塩分濃度15%、色・味・香りともに濃厚。山口県を中心に山陰から九州地方にかけて作られる刺身・寿司など主に卓上で使われる、別名「甘露醤油」 ●しろ醤油 塩分濃度18%、薄口よりもさらに淡い琥珀色で味は淡泊だが甘みが強く独特の香りがある。お吸い物や茶わん蒸し、漬物などに使われる。 日本で昔から重宝されてきた醤油は、今でも食卓に欠かせませんが、空気に触れたり温度が高かったりすると、酸化して色が黒ずみ風味や味も劣化してしまう調味料でもあります。 レシピ通り薄口醤油を使えば一番本来の味に近い料理になりますが、自宅にない場合やあまり使わない場合は、今回の代用方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
▼他にも覚えておきたい代用調味料

特集

FEATURE CONTENTS