身近なアレが大活躍!白だしの代用品と自家製白だしの作り方

深みのある味わいを与えてくれるだけでなく、素材の色も活かした仕上がりにしてくれる白だしは、最近家庭に常備しているという方も増えているのだそう。しかしうっかり切らしてしまったときは、あの調味料でも代用できるってご存知でしたか?

2017年8月30日 更新

白だしとは?

白だしは昆布・椎茸・鰹節などからとった出し汁に、みりんや塩で調味したものを白醤油や淡口醤油に混ぜた調味料です。めんつゆやだし醤油などと同じように、水で薄めて使ったり、そのまま使用して白だしだけで味が決まる料理もあります。

白だしの味は、めんつゆと比べて味や風味はあまり変わりませんが、醤油の感じがほんの少し和らいだイメージをしていただくと良いでしょう。また、明らかな違いは色です。白だしは白醤油や淡口醤油から作っているので、料理に使っても素材の色を壊さずに仕上げることができ、高級料亭でも使われているんです。

自家製白だしの基本の作り方

材料

自家製白だしを作るのに必要な材料は、白醤油or淡口醤油・みりん・お酒・かつおぶし・だし昆布(あれば椎茸やいりこ)です。

作り方

自家製白だしの基本の作り方をご紹介します。

まず、かつおぶしとだし昆布を鍋に入れて火にかけます。(だし昆布と椎茸は、前日の夜から水につけておくと、より昆布のだしがしっかりと出ます。煮干しも使用する場合には、頭と腹わたをきちんと取り、苦味が出ないように下準備をしておきましょう。)

鍋の中身が少しブクブクしてきたら沸騰直前で昆布を取り出し、弱火にしてそのまま1~2分ほどことこと煮ます。火を止めて、そのまま30分置いておきます。30分経ったら、目の細かいザルにキッチンペーパーか油こし紙を置いて、かつおぶしをこします。別の鍋にお酒とみりんを入れて火にかけアルコール分を飛ばしておきます。そこに、こした出し汁と淡口醤油を入れて軽く沸騰させたら完成です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう