ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

行者にんにくとは?

行者にんにくとはユリ科ねぎ属の山菜で、ねぎやニラの仲間。北海道から近畿地方に分布し、寒冷地の山間に群生することから、山に入った修行者が精力をつけるために食べたため、「行者にんにく」と命名されたと言われています。また北海道では、アイヌの人々が干して保存食とすることから、別名「アイヌねぎ」「エゾねぎ」とも呼ばれます。

味・におい

行者にんにくは、にんにくやねぎのような強烈な香りが特徴。葉の部分はニラに似ていて、シャキシャキとした食感が魅力です。行者にんにくは、ニラやねぎのように細いものではなく、太さがあるもののほうが歯応えを楽しめますよ。

また、行者にんにくは、生のままみそやマヨネーズを付けて食べられます。とてもおいしいですが、強烈なにおいが口に残るので注意してくださいね。

産地・旬

行者にんにくの主な産地は北海道や長野県。ハウス栽培の行者にんにくが1月頃から出荷され始め、北海道産の天然物が3月頃から徐々に出回り始めます。

流通している天然物の多くは北海道産で、旬は4~5月。5月中旬にピークを迎え、6月には収穫時期は終了します。行者にんにくは、育つまでに5年ほどかかるため、天然物は大変希少。近年では、栽培物が多く出回っていますよ。

行者にんにくとにんにくの違い

名前ににんにくが付く「行者にんにく」ですが、にんにくとは大きく異なります。まず、鱗茎部分を食べるにんにくとは違い、行者にんにくはニラやねぎのように葉や茎を食べるのが特徴。においも、にんにくよりも行者にんにくのほうが強烈です。

また、にんにくは通年手に入る野菜ですが、行者にんにくは春先のみ。入手できる時期がとても短いです。特に天然物は希少価値が高いので、見つけたらぜひ手に取りたいですね。

行者にんにくの適切な保存方法

生の行者にんにくは、クッキングペーパーや新聞紙などを湿らせてから包み、ポリ袋に入れましょう。冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。保存期間は1週間程度で、なるべく早めに食べてくださいね。

長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ。サッとゆでてから水気をよく切り、ラップに包んで冷凍用ジッパー袋に入れて保存します。保存期間は1ヶ月程度。和え物にする場合はサッと湯通しして使い、加熱調理する場合は、凍ったまま使ってOKですよ。

定番の食べ方。行者にんにくのしょうゆ漬け

行者にんにくのしょうゆ漬けは、北海道では代表的な食べ方。刻んでからごはんや豆腐にのせて食べるのが一般的で、お酒にもよく合いますよ。漬けだれにも行者にんにくの香りが染み込むため、調味料としても使えてとても便利。肉と炒めたり、パスタやチャーハンの味付けに使ったりと重宝します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ