にんにくの冷凍保存法を完全ガイド!気になる保存期間と解凍のコツは?

様々な料理に欠かせない食材であるにんにく。上手に冷凍保存して長持ちさせれば、いつでも料理に使えますし、芽が出てしまった!なんていうミスも起こりません。今回は、にんにくを冷凍保存する方法や、保存期間についてお伝えします。

にんにくを上手に冷凍したい!

料理の風味をぐっとアップさせてくれる食材と言えば、にんにくですよね。ペペロンチーノなどのパスタはもちろん、カリカリに焼いたにんにくチップをステーキに乗せたり、すり下ろして唐揚げなどの下味として使ったりなど、様々な料理に欠かせない食材です。いつもの野菜炒めに少し加えるだけでもワンランク上の味になりますよね。

そんな万能なにんにくですが、使いすぎるとにおいが気になるのも事実。一度の料理に1片ほどしか使わないこともしばしばなので、全部使い切るには時間がかかる方も多いのではないでしょうか。かと言ってずっと冷蔵庫に入れっぱなしにしてると、いつの間にやら芽が伸びてる!という経験をした方もいらっしゃるかもしれません。

芽が出てしまうとにんにくの栄養分が取られてしまいますし、何より風味も損なわれてしまいます。そうならないためにも、ちょっとずつしか使わないにんにくには冷凍保存がオススメです。今回は、にんにくを上手に冷凍する方法についてご紹介します。

ニンニクを冷凍する方法

にんにくは基本的には常温保存するのが良いそうです。玉ねぎやじゃがいもなどと同じように、新聞紙などに包んで冷暗所に保存しておきましょう。他にも、乾燥させておくことによって長持ちさせることができるので、玄関先など涼しい日陰につるしておくのも一つの方法なのだとか。つるしておくことによって適度に水分が飛び、にんにくが腐ってしまうのを防いでくれるそうです。
これらの方法でもにんにくを長めに保存することができますが、軒先につるすのは住んでいる環境によっては難しい場合もあるでしょうし、生のままだといずれは悪くなってしまうもの。なので、やはりにんにくを長く保存するには冷凍保存がオススメです。

「にんにくも冷凍できるなんて知らなかった!」「冷凍すると香りや食感が悪くなってしまうのでは?」という方もいらっしゃるかもしれません。にんにくを冷凍するにはどのような方法があるのでしょうか。まずは、丸ごと冷凍する方法をご紹介します。

皮をむいて冷凍

基本的には、皮をむいて1片ずつラップでくるむなどして、フリーザーバックに入れます。めんどうでも1片ずつラップで包んだ方が、にんにく同士がくっつかないので、使う時に楽ですよ。

皮をむかずに冷凍

時間がなかったり、一度に全部むくのが面倒だったり、手ににおいが付くのいや!という方は、皮をむかずにそのまま冷凍する方法も。にんにくの皮は、にんにくのおいしさや風味を守る役割を持っているので、そのまま冷凍することによって風味を逃さないようにもできますね。皮付きで冷凍したにんにくの皮のむき方は、後ほどご紹介します。

保存期間

丸ごと冷凍した場合の保存期間は2ヶ月ほど。万が一カビが生えてしまったり、冷凍焼けしてしまったら、食べるのは控えてくださいね。使い忘れないように冷凍した日付を書いておくほうがいいでしょう。
▼やっぱり気になる、にんにくの臭い……おすすめ対策は?

みじん切り・スライスニンニクの冷凍方法

次は、冷凍する前に切っておく方法についてご紹介します。パスタや炒め物など幅広く使え、調理時の時短にもなりますよ。

冷凍の仕方

冷凍したにんにくを切るのは固くて大変なので、あらかじめ使いたい大きさに切ってから冷凍する方が楽かもしれません。まずは普通に使う時と同じように、にんにくの皮をむき、お好みの大きさに輪切りなどのスライス、またはみじん切りします。この時、芽を取るのを忘れないようにしてくださいね。

冷凍するときはフリーザーバックなどに並べて入れ、にんにく同士がくっつかないように入れます。アルミトレイなどに乗せてから冷凍すると、より早く冷凍することができますよ。一度に使う分だけラップなどに包んでおくと、より便利です。

ITEM

ジップロック フリーザーバッグ M

内容量:45枚

¥467〜 ※2018年7月20日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

保存期間

スライスした場合も保存期間は2ヶ月ほど。とは言え、時間の経過とともに風味も落ちていってしまいます。なるべく早く使い切りたいですね。

すりおろしニンニクの冷凍方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう