6. 食べやすい。行者にんにくの豚肉巻き

行者にんにくの強烈な香りが気になるなら、アスパラガスやにんじんと一緒に豚肉でクルクルと巻きましょう。カリッと焼けば、とても食べやすくなるうえ、見栄えもばっちり。レシピでは、塩こしょうで味付けしますが、ポン酢しょうゆで食べても甘辛く味付けてもおいしいです。

7. 風味がいい。行者にんにくのミートボール

行者にんにくは、ニラのように使えるとすれば調理しやすいですよね。刻んでミートボールに加えれば、にんにくの香りがふわっと香り風味よく仕上がります。和洋中どの味付けにもマッチするので、大人だけでなく子供にも喜ばれますよ。

8. お手軽。行者にんにく入り餃子

行者にんにくにもってこいの料理と言えば餃子。行者にんにくを使えば、ニラやにんにくが不要ですよ。香りがとてもいいので、クセになること間違いなし♪ 春の行者にんにくの季節には、たっぷり加えて楽しんでみてください。

9. ビールに合う。行者にんにくのかき揚げ

山菜は、よく天ぷらにして食べられますが、行者にんにくも天ぷらにすると絶品。にんにくの風味がふわっと香り、サクサクと軽い歯応えを楽しめます。行者にんにくを存分に味わいたい方は、丸ごと天ぷらにしてもGOOD。繊維がなくやわらかいので、食べやすいですよ。

10. クセになる。行者にんにくとホタルイカのパスタ

行者にんにくは、パスタの具材としてもぴったり。魚介類ともよく合うので、ぜひ使ってみてください。行者にんにくは、あらかじめオイルでマリネしておけば、パスタと和えるだけで食べられますよ。炒め過ぎを防ぐことができ、シャキッとする歯応えが残って格別です。

11. 香りがアクセント。行者にんにくの親子丼

親子丼の玉ねぎの代わりに、行者にんにくを使ってみてください。風味豊かで満足感のあるひと品に仕上がります。行者にんにくの強烈な香りは、卵や甘辛いたれでやわらぎ、ほどよいアクセントになりますよ。行者にんにくの食感を楽しむためにも、卵と一緒に加えるのがコツです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ