エリンギの賞味期限ってどのくらい?1年持たせる保存テク発見

エリンギの賞味期限はご存じですか?バター炒めやパスタなど様々な料理に人気のエリンギですが、すぐに傷んでしまう印象もあります。冷蔵や冷凍、カットしたものなど、エリンギの保存方法はさまざま。保存方法によってエリンギの賞味期限はもっと伸びますよ。

2017年2月16日 更新

エリンギの賞味期限はどれくらい?

食感と香りが良く、他のきのこよりもクセがないことから、様々な料理に使えるエリンギ。歯ごたえがありカロリーが低いため、ダイエット中の方にもおすすめの食材。そんなエリンギですが、皆さんはどのように保存していますか。

買ってきたトレーのまま?野菜室で?冷凍保存?今回は、エリンギの様々な保存方法についてご紹介。「え、そんな方法もあったの?」といったものもありますよ。これを読んでエリンギマスターになりましょう!

そのままの保存で1週間程度

エリンギを購入し、そのままの状態で保存した場合でも1週間程度であればおいしく食べることができます。気温や湿度が高くなる夏場はもう少し早く食べきるほうがよいですが、冬場であれば1週間くらいは日持ちさせられますよ。

白いものは、カビ?

エリンギを使おうと思いパックから出したところ、フワフワとした白い糸のようなものが気になったことはありませんか。エリンギはキノコですので、もともと菌糸と呼ばれている菌から作られています。

白くてフワフワと糸のように見えるものは、まさにこの菌糸というものになっており、少々付いている程度であれば食べてしまっても問題ありません。あまりにも菌糸が目立って感じる場合には、風味や食感などもよくないため、あまりおすすめではありません。

保存はパックから出して

水に非常に弱い性質を持っているエリンギ。そのため、エリンギを保存する場合にはそのままの状態ではなく、パックから取り出しましょう。取り出したエリンギをさらにキッチンペーパーや新聞紙などに包んでからフリーザーバック、またはビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

常温のままで保存することもできますが、冷蔵庫で保存する場合に比べると菌糸の発生や傷みが進んでしまうため、冷蔵庫で保存することをおすすめします。冷蔵庫の中でも、温度の変化が少ない野菜室での保存がおすすめです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう