ローディング中

Loading...

大好きな人も多いハンバーグ。一生懸命作ったものの、食べようとしたら生焼けだった経験はありませんか?生焼けのハンバーグを作ってしまったら、もう捨てちゃう?ふっくらと厚みのあるハンバーグをジューシーにおいしく焼くコツと共に、対策をご紹介!

生焼けのハンバーグは食べても平気?

大人も子供も大好きなハンバーグ。家庭料理の定番でもあるので、食卓への登場回数も多いメニューなのでは?ちょっと手間のかかるハンバーグを一生懸命作ったのに、食べてみたら中が生焼けだった!なんて経験はありませんか?

しっかり火が通っていると思ったのになぜ?もうソースもかけてお皿に並べてしまったのに、一体どうすれば・・・。ハンバーグが生焼けになってしまう理由とその対策、いざ食べようとしたら生焼けだったときの対処法まで、まとめてご紹介いたします!

生焼けは危険!

生焼けのハンバーグとは、ひき肉自体の色だけでなく、肉汁も赤いままの状態のことを言います。お箸でハンバーグを割ってみたらまだ少し赤かった・・・、でもだいたい焼けてるし、ちょっとくらい生焼けでも食べられるかな、とそのまま食べようとしているあなた、危険です!

肉汁が赤い生焼けのハンバーグは中毒を起こす可能性がありますので、食べるのはやめておきましょう。豚肉などの生肉には食中毒の原因となる細菌が付着している可能性があり、下痢や嘔吐などの症状を引き起こしかねません。

こんがりしてても生焼け、なぜ?

でも見た目はこんがり焼けているのに生焼けの状態なのはどうして?その原因は大きく2つ、火加減とハンバーグの厚さに問題があります。

火加減

まず一つ目の火加減について。ハンバーグを焼く際、初めに強火でしっかり焦げ目をつけてから弱火で中まで火を通す方法だと外側が焦げるばかりで中は生焼けになってしまう可能性が高いのです。ハンバーグを焼く際には、弱火から中火でじっくり焼く方が焦げ付かず、中までしっかり火が通ります。

ハンバーグの厚さ

次にハンバーグの厚さです。お店などでは5センチほどもある肉厚なハンバーグも多いですが、これはあくまでプロの技であって、家庭の調理器具でこのように厚いハンバーグを中まで焼くのは難しいのです。

ご家庭でハンバーグを作る時のハンバーグの厚さは、2センチほどにしておきましょう。厚くしすぎないことによって、生焼けを防ぐことができます。

生焼けを防ぐハンバーグの焼き方

ハンバーグを生焼けにしないためには、他にはどのようなことに注意して作ったらいいのでしょうか。

ひき肉をよくこねる

ひき肉は粘り気が出て白っぽくなるまでしっかりこねましょう。材料をただ混ぜ合わせるだけではなく、しっかり手でこねます。合いびき肉の場合は塩コショウをしてからこねるのもポイントです。塩を入れることによって牛肉と豚肉の繊維がくっつき、肉汁を閉じ込めてくれます。

混ぜ方にもコツがあります。手の平を使って、ぐいぐい混ぜてしまいがちですが、こうすると手の体温でひき肉の脂が溶け出し、ベタベタになってしまうことも。脂を溶かさないように指先を使って1分ほどこねるのがおすすめです。

空気をしっかりと抜く

しっかりとこねたら、次はハンバーグを成形して空気を抜きます。空気を抜く理由は、焼いたときにひび割れてしまうのを防ぐためです。ハンバーグが割れてしまうと見た目が悪くなるだけでなく、肉汁も溢れ出てしまい、ジューシーな仕上がりにならなくなります。

ハンバーグのたねを手の平に打ち付けながら、最低10回は空気を抜きましょう。この時もこねる時と同じように、手の体温で脂が溶け出さないように握りすぎず、手早く空気を抜くのがポイント。空気を抜いた後は、ラップをして冷蔵庫で30分ほど休ませてくださいね。

ハンバーグのたねの中央はへこませる

ハンバーグのたねは、真ん中を指でへこませてから焼きましょう。ハンバーグは焼いているうちに、中の空気が膨張して真ん中が膨らみます。焼きムラが出ないように凹ませておきます。

焼く前に空気は抜きますが、完全に抜き切ることはできないので、真ん中をへこませて対策をしているんですよ。また、中央部分はどうしても焼けにくいので、へこませることによって均一に火を通すこともできます。

十分に熱したフライパンで焼く

ハンバーグを焼くときのフライパンは、しっかり温めてから焼いてください。火は弱火から中火で5分ほど焼いて焦げ目が付いたらひっくり返し、蓋をして蒸し焼きに。

こうすることによって中までしっかり火を通し、生焼けを防ぐことができます。蒸し焼きにする際は水を入れたり、お酒やワインを入れて蒸し焼きにするとさらにおいしさアップになりますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

もっちり「トッポギ」の人気レシピ13選!本格韓国料理をお手軽に◎

アレンジレシピ 韓国料理 レシピ まとめ

定番かつ人気の韓国料理「トッポギ」。実は、自宅で簡単に作ることができるんです!甘辛いタレでいただくイメージが強いですが、どんな味付けにも合う優れもの◎ スイーツにも変身するんですよ。今回は、そんなトッポギの基…

おうちで手作りできる♩自然派おやつ「干し芋」の作り方!

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

秋のカルディはエビづくし!エビ好きが泣いてよろこぶ限定商品5つ♩

海老

カルディから、エビを使った新商品が続々と発売されています!牛乳で作る新感覚のインスタントラーメンや、お店レベルの品質の濃厚スープなど、どれをとってもエビの風味たっぷり♩エビの旨味を存分に味わいながら、秋の夜長…

禁断の隠れヒット商品!? 成城石井「スターブレッド」がパン界一のフワフワっぷり♩

パン

成城石井の「スターブレッド(STAR-BREAD)」という商品が、SNSで密かにブームになっているんです♩水の代わりにミルクを使った、ふわふわ食感のパンなんですよ!その人気の秘密を、おすすめの食べ方とともにご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お鍋ひとつでらくらく!「ワンポットパスタ」のお手軽レシピ15選

レシピ パスタ おしゃれ まとめ

お手軽ランチにもぴったりなパスタ。確かに簡単に作れるのですが、鍋をいくつか使わなければいけないのでちょっと洗い物が面倒ですよね。そんなときは「ワンポットパスタ」がおすすめ。なんとお鍋ひとつでパスタが完成してし…

雑誌でもおなじみ♡人気ブロガー「あ~るママ」さんのお弁当レシピ8選

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

しなしなキャベツを有効活用!おすすめレシピ「6」選

レシピ まとめ キャベツ

キャベツは一玉購入すると、ちょこっとづつ使っていって...どうしても残るものはしなしなで残念な感じになっちゃいますね^^;そんなキャベツでもうまく利用して調理できるレシピを探してみました。個人的にこれは私も知…

美しくておいしい!!イタリアの焼き菓子「ピッツェル」のレシピ7選♪

イタリアン スイーツ お菓子 レシピ まとめ

イタリアの焼き菓子ピッツェルを知っていますか?薄焼きクッキーなのですが、形も美しくおいしそうです。ピッツェルプレートなるものも売られているようですが...そのおすすめレシピをご紹介します。あなたも作ってお友達…

お弁当やおつまみに!かまぼこを使った簡単人気レシピ8選

かまぼこ レシピ まとめ

今回は、節約中にぴったりのかまぼこを使った人気レシピ8選を紹介します。練り物のかまぼこは、そのまま食べたり、火を通したりできるのでアレンジがしやすいですよね。簡単にできるので、お弁当やおつまみを作るときに、参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ねばねばのグラタン⁉︎ ほっこりおいしい「とろろグラタン」の簡単レシピアイデア

グラタン

とろろがおいしい季節になりました。今、とろろを使った新しいアイデア料理がブームなんです。その名も「とろろグラタン」!和風の味付けで日本人に合うほっこり優しい料理です。整腸作用や脂肪燃焼作用もあるとろろで夏の疲…

食べ放題のことじゃないの?ビュッフェとバイキングは全く別物だった

バイキング ホテル ビュッフェ

ホテルやレストランで聞く「ビュッフェ」や「バイキング」という言葉。「あれって結局どちらも“食べ放題”って意味でしょ」なんて思っていませんか?じつは違いがあるんです。ささっと読んで納得できる、両者の違いとマナー…

冬至には欠かせない?郷土料理「いとこ煮」の名前の由来と作り方

冬至に食べると風邪を引かないと昔から言い継がれる郷土料理「いとこ煮」のレシピと諸説ある呼び名の由来をご紹介します。体を温めてくれる大根などの根菜と小豆を甘く煮込んだ、甘くてやさしい味に心もほっこりしますよ♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る