12. 白菜のくったり煮

大きくて白菜をなかなか全部使いきれない……という人におすすめのレシピです。ひとり分で、なんと白菜を1/8等分も使うんですよ。レシピも難しい工程はないので安心です。鍋にオリーブ油、バター、にんにく、ローズマリーを入れ、香りが出たらいったんローズマリーは取り出します。そこに白菜とウインナーを入れ、白菜が少ししんなりして焼き色がついたら、調味料と先ほどのローズマリーを加え、10分煮込みます。ブロッコリーを加え、さらに5分ほど煮たら完成です。とろとろの白菜とローズマリーの香りがするスープがたまりません。

乾燥ローズマリーを使うレシピ4選

13. ジャガイモのハーブマヨ和え

ドライのローズマリーを使ったレシピです。茹でたじゃがいもにドライのローズマリー、マヨネーズ、ヨーグルトをからめて、塩こしょうで味をととのえます。お肉やお魚の付け合わせ、おもてなしの日のひと品、お弁当などいろいろなシーンで活躍しそうです。

14. ささ身のハーブマリネ

食べやすい大きさにさいたささみとドライのローズマリーの入ったマリネ液を和えて作ります。ささみは、筋をとったあと、塩こしょうと白ワインをふってふんわりラップをし、電子レンジで加熱するので、火を使わずに作れますよ。時間をおくとマリネ液がなじんで、よりおいしくなるので常備菜にもぴったりです。

15. イワシのローズマリー風味

イワシにドライのローズマリーと塩こしょうで下味をつけて、フライパンで焼くだけの簡単レシピ。ポイントは下味をつけたイワシに、オリーブ油をなじませてから焼くことです。お魚の苦手なお子さまも、スナック感覚でパクパク食べてしまうほどのおいしさだそう。お好みでレモンを絞ってくださいね。爽やかで白ワインにも合うので、おしゃれなおつまみにもなりますよ。

16. ローズマリー風味のガレッド

千切りにしたじゃがいもと粉チーズ、ローズマリー、塩こしょうをよく混ぜたあと、フライパンに薄く広げて焼いて作るガレット。じゃがいものでんぷんが、のりの役目になるので、じゃがいもを千切りした後は水洗いせず、そのまま使うのがポイントですよ。

生・乾燥、どう使い分ける?

レシピでもご紹介したように、ローズマリーには生のものと乾燥のものがあります。生のローズマリーは色がきれいで柔らかく、お肉やお魚にすり込んだり、パスタやリゾットに入れて使います。 乾燥のローズマリーは、生のものに比べて香りが強いので、ハーブティーにして香りを楽しんだり、お菓子のアクセントとして使います。スーパーでは、生のローズマリーは、野菜売り場の主に冷蔵のコーナーに、乾燥のローズマリーは、スパイスコーナーに瓶に詰められたものが販売されているようです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS