6. 豚バラペッパー焼き

骨付きの豚バラ肉をローズマリーの入ったマリネ液に20分以上漬け込んだあと、オーブンで焼いて作るひと品。ごはんがすすむこと間違いなし!手羽元などの鶏肉でもアレンジできそうですね。マリネ液に前日から漬けておくと、味もよくしみ込んで、よりおいしくなりますよ。おもてなしやBBQでも喜ばれるレシピですので、ぜひお試しください。

7. サバのローズマリーガーリックソテー

ローズマリーはお魚との相性もばっちり。バターとオリーブ油を熱したフライパンにローズマリーとにんにくを入れ、いったん取り出します。さばに両面焼き目がつくように焼き、粒マスタードなどが入ったトマトドレッシングをかけて、ローズマリーとにんにくを飾れば完成です。さばの臭みをローズマリーやにんにくの香りが和らげてくれます。さば料理の定番と言えば、塩焼きや煮つけ、竜田揚げなど和食が多いのですが、洋風のこのレシピもおすすめですよ。

8. ニジマスと野菜のハーブ焼き

ローズマリーやタイムの香りをオリーブ油にうつしたあと、小麦粉をはたいたニジマスに焼き目をつけ、蒸し焼きにして作ります。ローズマリーとタイム。2種類のハーブの香りが広がるひと品です。ニジマスはなかなか手に入らないという人も、鯛やアジなどの白身魚や鮭などにアレンジして作ってみてくださいね。

9. ナッツとハーブのエビマヨ

人気のエビマヨのマヨソースに、ローズマリーが入った大人のエビマヨ。コクのあるマヨソースは、マヨネーズ、コンデンスミルク、ケチャップ、ジン、塩、刻んだローズマリーを混ぜ合わせて作ります。最後に散らしたナッツがいいアクセントになって、ワインにもぴったりですよ。

お野菜とも相性◎レシピ3選

10. ハッセルバックポテト

オーブンで作ると約1時間ほどかかってしまうハッセルバックポテトを、電子レンジで作るを使うことで時短できるレシピです。じゃがいもに薄く切込みを入れて、でんぷんを洗い流します。電子レンジで柔らかくなるまで加熱した後、オリーブオイルに塩をじゃがいもに入れます。切込みの部分はハケを使うときれいに塗れますよ。あとは、オーブンやオーブントースター、グリルなどでこんがり焼いて完成です。見た目もおしゃれなのでおもてなしにも活躍しそう。

11. ナスのアンチョビチーズ焼き

なすにローズマリーとアンチョビ、粉チーズを合わせたこのレシピは、お酒のおつまみにもぴったりです。小麦粉をはたいたなすをフライパンで焼き目をつけたあと、アンチョビ、パン粉、粉チーズを合わせたものとローズマリーをのせ、250℃のオーブンで5~6分程焼きます。器に盛り、バルサミコ酢をかけます。じゃがいも、ズッキーニ、玉ねぎなど、なすの他にもいろいろなお野菜でお試しくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS