ローディング中

Loading...

薬味として、しゃきしゃきの食感を楽しむのはもちろん、煮込めば甘みが増すネギ。風邪の流行る冬場に欠かせない野菜ですよね。そんな長ネギですが、皆さんはどのように保存していますか。今回は、長ネギの保存方法や新鮮なものの見分け方をご紹介します。

体にもよい長ネギを食べよう

長ネギは11月から2月に旬を迎える野菜。そのまま刻んで薬味として食べる以外にも、熱を加えることでとろりと甘くなります。鍋物の具材にも欠かせない野菜のひとつですよね。焼き鳥の人気メニューである「ねぎま」や、お味噌汁、中華スープなど、長ネギを入れることでおいしさがアップするメニューもたくさん。
長ネギは、体を温めてくれたり、疲労回復に効果になったりなど、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。風邪をひいたときに、長ネギを首にまくと喉の痛みや咳が治まるよと言われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この他にも殺菌効果など、ネギには寒い冬を元気に乗り越えられる効果がいっぱい。おいしく食べて、健康的に過ごせるのはとっても嬉しいですよね。

日々の食卓に欠かせない長ネギ、どう保存してる?

ネギには大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。「根深ねぎ」が、「長ネギ」「白ネギ」と呼ばれるもの。土から生えてきた部分に、土を寄せ、日に当たらないようにすることで、白い部分が長くなるように育てられます。以前は「関東は白、関西は緑」と言われ、長ネギは関東地方で食べられることが多かったようですが、最近では地域を問わず食べられるようになりました。
長ネギを買ってきた場合、みなさんはどのように保管されていますか。野菜室で保存する方、長くて立てられないから横にして冷蔵庫に入れる方、常温でそのまま保存するという方もいるかもしれませんね。今回は、長ネギをどのように保管すればよいのか、保存方法によってそれぞれどれくらいの賞味期限かをご紹介します。

長ネギの賞味期限はどれくらい?

長ネギの賞味期限は平均1週間です。ただ、そのままの状態のものと包丁で切った状態のものでは期間も変わってきますし、同じ形状でも温度や保存状況によっても変わります。長ネギを始めとした生鮮食品は賞味期限の記載がされていないため、新鮮な長ネギと傷み始めている長ネギの特徴を知っておくことが大切です。それでは、順番に見ていきましょう。

長ネギの痛み始めのサイン

長ネギが傷み始めると、先端の方から白色が変色してきます。そのため、その部分はカットして早めに使いきってしまいましょう。また、表面が乾燥した場合は、一皮剥くと、中は新鮮な状態なので美味しくいただけますよ。
残念ながら、傷んだ状態から1歩進んでしまい、腐ってしまった場合もご紹介しましょう。もともと粘り気のある長ネギですが、腐るとさらに粘り気が強くなり、ドロドロになったり、汁気が出たりします。また、元々匂いのキツイ野菜ではありますが、腐るとネギの匂いではない異臭がしますので、その場合は処分しましょう。

新鮮な長ネギを買うポイント

美味しい長ネギを食べる為には、やはり新鮮な状態のものを買うことが大事です。では、購入する時に、どのような状態のものを選べばよいのでしょうか。長ネギの表面がつやつやとしていて、白い部分が真っ白、緑の部分が鮮やかな緑で、白と緑の境目がはっきりとしているものが良いようです。葉先の部分までピンとしっかりしていてハリのあるものを選びましょう。白い部分の方が多いものがいいようですよ。
また、古くなるとネギの外側から水分が抜けて乾燥し、硬くなっていきます。そのため、触ってフワフワしているものは中身も詰まっていないので、しっかり詰まっている重みと弾力のあるものを選びましょう。最後に、切り口が新鮮なものを選ぶことも大切です。長ネギの購入時の心得、覚えておくと便利ですね。

長ネギを常温保存する場合の方法

冬が旬の長ネギは寒い環境を好みます。そのため、冬であれば冷蔵庫ではなく自宅の冷暗所で保存することも可能です。その場合は、新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存しましょう。保存期間は1週間程です。
また、泥付きの長ネギで根(ヒゲ)が付いているものは、青い部分だけ出して土に埋めると、長期保存できます。土に埋めておけば、なんと1~2か月程度も長持ちするようですよ。埋める場所がある方には、たくさん買ってしまった時におすすめです。しかし、これらは、長ネギをカットしていない状態の場合です。切った場合は速やかに冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。

長ネギの冷蔵保存方法

長ネギの保存温度は0~2℃。基本は冷蔵庫の野菜室で保存するのがよいでしょう。次に、冷蔵庫で保存する際のポイントをご紹介します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

マフィン まとめ スイーツ

コストコマフィンは冷凍保存をすることもできる商品です。コストコマフィンは多くの方に大人気。食べたことがない方のために値段や種類、アレンジ方法などをご紹介していきます。気になるコストコの日のカロリーもリサーチし…

納豆 調味料 まとめ

おいしいだけでなく体にいいこといっぱいな納豆ですが、付属のタレばかりじゃ飽きちゃいますよね!納豆に合う調味料、もっとたくさんあるんじゃないでしょうか。というわけで、いろいろな調味料と納豆の相性を確かめてみまし…

煮物、蒸し物など、いろいろな料理に活躍する里芋は、水分を多く含み、低カロリー。おいしくてヘルシーな里芋の賞味期限や保存方法をご紹介します。泥つきをそのまま保存、洗って保存、冷凍保存など、保存方法もいろいろあり…

レシピ

ちりめんじゃこ、しらすを食べたことはありますか?年中売られており、とても身近なお魚です。大根おろしと一緒に食べるのが定番ですね。クセが無く、旨みたっぷりのお魚をもっとおいしく食べるレシピや旬の時期など詳しくご…

レシピ チーズ まとめ

手軽に使える食材として便利な油揚げ。油揚げのレシピはどのようなものを作っていますか?味噌汁や炒め物、お稲荷さんなど、定番メニューもおいしいのですが、チーズを使った洋風アレンジやお好みのもので楽しめる巾着レシピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る