長ネギを常温保存する場合の方法

冬が旬の長ネギは寒い環境を好みます。そのため、冬であれば冷蔵庫ではなく自宅の冷暗所で保存することも可能です。その場合は、新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存しましょう。保存期間は1週間程です。
また、泥付きの長ネギで根(ヒゲ)が付いているものは、青い部分だけ出して土に埋めると、長期保存できます。土に埋めておけば、なんと1~2か月程度も長持ちするようですよ。埋める場所がある方には、たくさん買ってしまった時におすすめです。しかし、これらは、長ネギをカットしていない状態の場合です。切った場合は速やかに冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。

長ネギの冷蔵保存方法

長ネギの保存温度は0~2℃。基本は冷蔵庫の野菜室で保存するのがよいでしょう。次に、冷蔵庫で保存する際のポイントをご紹介します。

そのままの形で冷蔵保存する場合

まず、切っていないそのままの長ネギは、白い部分と緑の部分の境目で切り分けて、それぞれをキッチンペーパーや新聞紙に包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室になるべく立てた状態で保存します。この場合の保存期間は、10日程度です。

もっと長持ちさせる冷蔵保存

通常は、1週間ほどの保存期間が可能な長ネギですが、できることなら、おいしい状態でもっと長持ちさせたいですよね。そこで、冷蔵庫で長期保存できる方法をご紹介しましょう。
1.長ネギをジッパー付きビニール袋に入る長さにカットし、薄いビニール袋にネギを入れ、底から3~5cmくらいの水を入れて軽く袋を縛ります。 2.ジッパー付きの保存袋に入れて、倒れないように冷蔵庫で保管し、長ネギを使う度に水を入れ替えてください。
この保存方法であれば、3週間たってもひと皮剥けばシャキシャキ状態で食べられるようです。しかし、青い部分は白い部分より早く傷みますので、早めに使いきりましょう。長い長ネギはそのままの状態では冷蔵庫に立てて入らないですし、長ネギを長く使えるこの方法はとても便利です。

刻んだ長ネギの場合

最後に、刻んだ長ネギの保存方法です。キッチンペーパーを敷いたタッパーに入れて、冷蔵庫に入れましょう。2日くらいでキッチンペーパーが濡れてきますので、新しいものと交換すれば、保存期間は1~2週間になります。
鍋物や炒め物用に斜め切り、味噌汁用に小口切りにしておけば、使いたい時に入れるだけです。調理時間の短縮ができてとても便利ですね。このやり方は「葉ネギ」にも使えますから、常に冷蔵庫に常備しておくのもいいですね。

いつでも新鮮なまま!長ネギは冷凍保存がおすすめ

長期保存するなら、やはり冷凍保存ですよね。いつでも新鮮なまま食べられる保存方法としておすすめです。しかし、解凍すると水っぽくなってしまうため、調理する際は、解凍せずにそのまま使いましょう。冷凍保存した場合の長ネギの保存期間は1か月程です。では、長ネギをそのままの状態で冷凍保存する方法と、切った状態で冷凍保存する方法の2通りをご紹介しましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS