ライター : o0sae0o

在宅ライター

長ねぎの大量消費レシピまとめ

秋の終わりごろに旬を迎える長ねぎ。たくさん束になって売られていると、つい買ってしまうという方も多いのではないでしょうか。薬味や添え物として役に立つ長ねぎですが、たくさんあると新鮮なうちに食べきれないという場合もあるかもしれませんね。

この記事では、長ねぎをおいしく大量に食べられるレシピを厳選してご紹介します。長ねぎと調味料だけでできる簡単料理や鍋物、おつまみ、サラダなど、多彩なレシピを集めました。

長ねぎが大好きな方も、そうでない方も、長ねぎをおいしく食べられるレシピの引き出しを広げてみませんか。

長ねぎだけのレシピ6選

1. シンプルなおいしさ。ゆず風味焼き長ねぎ

シンプルに長ねぎのおいしさを楽しめるレシピといえば、焼きねぎがそのひとつ。長ねぎを中火でじっくりと焼くことで、甘みを引き出しましょう。甘い長ねぎとさわやかなゆずの風味がよく合います。副菜にも、おつまみにもぴったりです。

2. とろける。長ねぎの焼き浸し

Photo by macaroni

とろっと甘い長ねぎとしょうがしょうゆの風味の相性は抜群。味がよく染み込むように、長ねぎには切れ目を入れることがポイントです。だしに長く浸すほど味が染みるので、献立調理の最初に作ることをおすすめします。

3. お酒がすすむ。長ねぎの韓国海苔チーズ焼き

長ねぎを切って電子レンジで蒸せば、あとの調理はオーブントースターにおまかせできる嬉しいレシピです。チーズと韓国のりをたっぷりかければ、ごはんもお酒もどんどん進むひと皿に。お好みでラー油をたらすと、また違った味わいになりますよ。

4. 香り良い。焼き長ねぎの青のりまぶし

ごま油と青のりの風味が食欲をそそるひと品は、簡単にできる副菜としてレパートリーに加えたいレシピです。長ねぎは長さをそろえて切ると、熱の通りが均一になり仕上がりにムラがなくなりますよ。5cmを目安にカットしましょう。

5. オーブンでお手軽。長ねぎの塩麹焼き

厚手の鍋に長ねぎをカットして並べ、オーブンでじっくり蒸し焼きするだけのお手軽レシピ。味付けは、塩麹とオリーブオイルでシンプルに仕上げます。お好みでレモン果汁やしょうゆをかけられるように準備しておくと良いですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ