連載

こっくり濃厚。たまごソムリエ流「卵黄漬け」レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、卵黄を劇的においしくする漬けワザをご紹介!漬けるだけでいいので手間なしカンタン!料理が苦手なあなたや面倒くさがりなあなたでも、あっという間に作れちゃいますよ!

卵黄漬けって?

みなさん、卵黄漬けって聞いたことありますか?
その名の通り、卵黄をただ漬けるだけの、とてもシンプルな卵料理です(料理と言えるかな…?というくらい簡単です)。
がしかし!侮ってはいけません!たったそれだけで、卵黄が劇的に美味しくなっちゃうんです。今回は、王道から意外なものまで、いろんなものに漬けたレシピをご紹介します。

漬けるとどうなる?

さて、その前に少しここで卵黄漬けのメカニズムをご説明します。
卵黄の周りには、ものすごく小さな穴があいています。塩分のあるものに漬けると、その穴から水分が抜けていくのです。そして、塩分濃度の高いものが卵黄の中にしみ込んでいきます。これは、濃度の異なる2種類のものが同じ濃度になろうとする『浸透』という現象。
漬けた際にサイズが縮むのですが、それは、卵黄の水分が抜けたからなんです。

1. 卵黄の醤油漬け×おにぎり

卵黄漬けで、絶対外せないのは、王道の醤油!ギュッと身も閉まるので、おにぎりの具材にもなっちゃうんですよ。

材料

・卵 1個
・醤油 卵が浸かる程度
・ご飯 茶碗1杯分
・海苔 お好み

※卵の個数や容器によって、漬けるものの量は変わります。

作り方

①卵を卵黄と卵白にわける。
この時、便利なのが、以前もご紹介したペットボトルで分ける裏技!
やり方は簡単で、ペットボトルを手でへこませて、黄身にそっとあてて黄身を吸い込ませるだけ!
卵黄は、『卵黄膜』という膜で覆われているので崩れにくく、ペットボトルの中に吸い上げられて行きます。一方、卵白は液体なので、吸い込んでもスルスル落ちてしまいます。よって、卵黄と卵白を綺麗に分けることができるのです。
※勢いよくやると、黄身が崩れてしまうことがあるので注意してください。
②醤油に3時間漬ける。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

たまごソムリエ友加里

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう