ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

卵黄の塩漬けでフェイクからすみ!?

Photo by muccinpurin

ここ数年では変わり味玉がブームになっていますが、卵を漬ける食材として今回使ったのは、なんと塩。 これまで漬けるだけ企画では液体の調味料に固体の食材を漬けてきましたが、今回はちょっと趣向を変えて塩に卵黄を付けてみました。 実験っぽくもあり、どうなるか結果が楽しみな漬けるだけ企画、スタートです!

「塩漬け卵黄」の作り方

Photo by muccinpurin

材料

・卵黄……お好みの数 ・塩……適量 ※塩はなるべく湿気がない、サラサラなものを使ってください。

作り方

1. 卵黄を塩に埋めて冷蔵する

Photo by muccinpurin

容器に塩を1.5cmほど入れ、卵で軽く押してくぼみを作り、卵黄を静かに落とします。 大きなカラザは取り除いておいてください。卵黄を割らないように気を付けてくださいね。

Photo by muccinpurin

上からも塩を静にかけ、完全に卵黄を隠します。ふたはせず、このまま冷蔵庫に入れて2~3日漬けます。途中様子を見て、塩が湿っていたら新しいものと交換すると早く漬かります。 ※卵黄を付けた塩は、フライパンで焦がさないように乾煎りすれば普通の料理に使えます。

2. 塩を流し、乾燥させる

Photo by muccinpurin

三日三晩漬けたものがこちらです。全体的に固くなり、水分が抜けて表面がいびつにへこんでいます。 この状態でもやわらかいので、取り扱いは慎重に。塩を指で払い、水で洗い流します。ここで塩が残っているとしょっぱくなるので、爪でこそげるようにして取り除いてください。 その後30~1時間水に浸け、塩抜きをします。

3. 乾燥させる

Photo by muccinpurin

塩抜きが終わった卵黄をオーブンペーパーに並べ、なにもかけないままさらに冷蔵庫で1~2日乾燥させます。冷蔵庫内は乾燥しているので、あえてラップをかけずに冷蔵してください。 左が一晩、右が二晩乾燥させたもの。途中裏表を返し、表面が完全に乾いて全体が固くなったらできあがりです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS