ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

魅惑の最強コンビ「合法ハーブSHISO×卵黄」

Photo by muccinpurin

毎年、夏になるとSNSでも大量みられる「#合法ハーブSHISO」。夏に手ごろな青じそをごま油としょうゆ、にんにくに漬けた無敵のおかずとして、夏バテから私たちを救ってくる無敵のごはん泥棒です。 そんな合法ハーブSHISOをさらにパワーアップすべく、漬け食材の定番・卵黄をプラス。さらにごはんがすすむこと請け合いの、「合法ハーブSHISO×卵黄」の作り方をご紹介します。

レシピ

材料

Photo by muccinpurin

・卵黄……3個 ・青じそ……10枚 ・にんにく(スライス)……適量 ・しょうゆ……大さじ2杯 ・ごま油……大さじ2杯

作り方

Photo by muccinpurin

密閉容器に卵黄を入れます。青じそとスライスしたにんにくをそっと被せます。 最後にごま油と醤油を静かに注いてフタをし、冷蔵庫でひと晩おきます。青じそが卵黄に蓋をして、しっかりと漬け汁に漬かっていることを確認してくださいね。

Photo by muccinpurin

ひと晩おいてフタを開けると、青じそとにんにくのいい香りが……♪ すでに香りだけでごはんが食べられそな気分ですが、そっとしそをめくってみると卵黄もしっかりと味を含んで色が濃くなっています。 ひと晩漬けても卵黄はやわらかい状態なので、崩さないように静かにめくってくださいね。

ごはんにのせて、いただきます!

Photo by muccinpurin

しょうゆとごま油に漬けた卵黄は、ひとまわりしぼんだような印象ですが、しっかりと味が染みていておいしそう! しそと漬けだれごとごはんにかけて、いただきます。

Photo by muccinpurin

卵黄の薄皮が少し分厚くなって、中身がぎゅっと濃くなったような味わいです。しょうゆの味もしっかりと染みて、ごはんの熱でごま油の香りがふわっと立ち上り、箸が止まりません! 卵黄が絡んだごはんをしそで包んで食べると、さっぱり感も相まってさらにおいしい!生のまま漬けたにんにくは刺激が強めなので、外出の予定がある方は要注意ですね。

合法ハーブSHISO越えのごはん泥棒誕生!

Photo by muccinpurin

すでに完成された完璧な味の「合法ハーブSHISO」に卵黄を一緒に漬けると、さらに最強なごはん泥棒が誕生しました。 漬ける前から予想はできていましたが、ひと晩置いてフタを開けた瞬間の香りで、予想は確信に変わりました。 身近な材料でできるので、ぜひ一度試してみてくださいね。その際は、ごはんを多めに用意するのをお忘れなく……!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS